イム・シワン、除隊後の復帰作は「出張捜査」!?出演オファーも受けていない…


イム・シワンの関係者が軍除隊後の復帰作について「まだ出演作を決めていない」との立場を明らかにした。

16日、イム・シワンの関係者は「映画『出張捜査』に出演するという報道は事実ではない。出演オファーを受けたこともない」と報道を否定した上で、「どんな作品で復帰するか引き続き、検討しているところだ」と現状について伝えた。

これより前、一部韓国メディアは、イム・シワンが入隊後復帰作として映画「出張捜査」を選んだと報道していた。

また、「出張捜査」の制作会社である青年フィルム側も同日、「イム・シワンさんに出演オファーを出したことはない。まったくの誤報だ。キャスティングすら行われていない状況で、監督もファン・インホ監督ではなくて新人監督だ」とのコメントを伝えた。

映画「出張捜査」は、収賄の疑いで追放の危機に置かれたベテラン刑事と、財閥家の新米刑事が出会い、謎の殺人事件を解決する物語を描く。

ぺ・ソンウが左遷の危機に陥った刑事ソ・ジェヒョクを役を演じる予定であるとも報じられたが、同日、ペ・ソンウの所属事務所であるARTIST COMPANYの関係者も「出演オファーをいただいた複数の作品のうち一つだ」として、出演は決まっていないとの立場を明らかにした。

イム・シワンは2017年7月に入隊、現在、陸軍第25師団新兵教育隊で服務中で、3月27日に除隊する予定となっており、復帰作に対する関心が集まっている。




ページ上部へ戻る