カン・ソンフン、SECHSKIESから脱退…YGエンターテイメントとの専属契約解除を発表!


カン・ソンフンがYGエンターテイメントとグループSECHSKIES(ジャックスキス)を離れることを明らかにした。

カン・ソンフンは1日午後1時、公式個人ファンクラブであるフニワールドに「公式の立場」というタイトルで、自分の去就を明らかにした。

カン・ソンフンは、「これ以上SECHSKIES(ジャックスキス)の活動が延ばされるのは、グループに大きな迷惑になると判断し、たくさん悩んだ末、私カン・ソンフンはYG ENTERTAINMENTと議論の上で、2018年12月31日付で専属契約を解除することで合意し、SECHSKIESとしてのすべての活動を中止する」と発表した。

また「長いブランクにもかかわらず、待ってくれたファンの方々、忘れずに歓迎してくれた多くの方々の期待に応えることができなくて申し訳ない」とし、「私に関することで被害をこうむったSECHSKIES(ジャックスキス)に心よりお詫び申し上げる」とした。

YGエンターテイメントの関係者も、1日、マスコミに対し、「カン・ソンフンとの議論の末、専属契約を解約したことは事実である」とし、「カン・ソンフンがこれからも上手くいくことを願う」と述べた。

カン・ソンフンは、最近、横領および国際訴訟など頻繁な論議で非難噴出となっていた。
これらの影響で、日本でのファンミーティングのキャンセルはもちろん、予定されていたSECHSKIES(ジャックスキス)のコンサートにも参加できなくなった。
さらにSECHSKIES(ジャックスキス)のファン70人余りから個人ファンクラブが集めたお金を横領したとして提訴された。

一方、SECHSKIES(ジャックスキス)は去る10月、ソウルKSPO DOME( オリンピック体操競技場) で「SECHSKIES 2018 CONCERT『今・ここ・再び』」のコンサートを開くなど活動を続けている。




ページ上部へ戻る