解散を発表したRAINBOW、11月にグループ全員で東南アジアに解散旅行へ

RAINBOWガールズグループRAINBOW(レインボー)がグループ解散を前に、別れの旅に出る。

31日午前、RAINBOW(レインボー)の所属事務所DSPメディア関係者は、「RAINBOW(レインボー)のメンバーが、11月に東南アジアへ旅行に出かける予定だ。今回の旅行は、契約満了(解散)を控え、メンバーたちがRAINBOW(レインボー)全員集まって一緒に出かけることになった。安全の問題上、日付や場所は明らかにすることは難しい」と伝えた。

これに先立ち、RAINBOW(レインボー)と所属事務所であるDSPメディアは28日、「過去7年間、DSPメディア所属アーティストとして、当社と苦楽を共にしてきたRAINBOW(レインボー)が2016年11月12日でDSPメディアとの専属契約が満了する」とグループの解体を発表していた。

RAINBOW(レインボー)は、2009年11月アルバム「Gossip Girl」でデビュー、「A」、「Mach」、「Rainbow Syndrome」などをリリースし人気を集めてきた。最近では、今年2月にミニアルバム「Prism」を発売し、タイトル曲「Whoo」で活動した。グループ解散後、メンバーは、それぞれの道で活躍することになる。




ページ上部へ戻る