RAINBOW、所属事務所DSPメディアと専属契約満了し最終的に解散へ「7年目のジンクス!?」

rainbow
ガールズグループRAINBOW(レインボー)が所属事務所であるDSPメディアと専属契約が満了に伴い、解散する。

DSPメディアは、28日、マスコミを通じて「7年余りの間、DSPメディア所属アーティストとして、当社と苦楽を共にしてきたRAINBOW(レインボー)が2016年11月12日からDSPメディアとの専属契約を満了する」と明らかにした。

そして、「DSPメディアの所属アーティストとして長い時間共にしてきたRAINBOW(レインボー)のジェギョン、ウリ、ジスク、ノウル、スンア、ユネ、ヒョニョンと今後の活動について十分な会話を交わしたが、残念ながら各自の道を行くことになった。当社は、RAINBOW(レインボー)がどこでも明るく輝く七色の虹のように、いつでも、どこでも明るく前向きな姿で記憶に残ることを願って、彼女たちの新たな活動と、将来に惜しみない応援と激励を送る」として、RAINBOW(レインボー)の解散を発表した。

RAINBOW(レインボー)は、2009年11月にミニアルバム「Gossip Girl」を発表してデビュー、KARA(カラ)の後を継ぐ妹グループとして注目を集めた。
「A」、「MACH」などのヒット曲で人気を集めたRAINBOW(レインボー)は、ジェギョンとヒョニョンなどが女優として、またジスクはバラエティ番組でも活躍している。グループとしては、2月に発表した4枚目のミニアルバム「Prism」の後、個人の活動に集中していた。

これにより、デビュー7年目に解散や脱退となったグループは、BEAST(ビースト)、miss A(ミスエイ)、2NE1(トゥエニィワン)、Secret(シークレット)、4minute(フォーミニッツ)の合計6グループとなった。7年目で解散や脱退となったグループが多いことから「7年目のジンクス」「7年神話」という言葉が生まれたが、その中にRAINBOW(レインボー)も仲間入りすることになってしまった。




ページ上部へ戻る