リュ・シウォン、約束の日本武道館で日本デビュー10周年記念コンサートを開催!取材レポート!

2004年、NHKで放送された韓国ドラマ『美しき日々』に出演し、日本でも大きな注目を浴びたリュ・シウォン。同年にはアルバム『約束』で日本で歌手デビューを果たし、歌手、俳優のほかに、カーレースでも活躍している。そして2014年11月19日(水)・20日(木)の2日間、日本デビュー10周年を記念し、待望のコンサート「2014 JAPAN LIVE“Ryu Siwon”」を2005年に初ツアーを行った出生の地でもある日本武道館にて開催した。初日となった11月19日(水)の様子をレポートします!

会場が暗くなり赤いペンライトで会場いっぱいに埋め尽くされると、スクリーンには10年間を振り返りながらの映像が流れ、2005年になるとステージの白い幕が上がった。大歓声が沸くなか、レコーディングスタイルで歌う白い上下のスーツ姿のリュ・シウォンが現れた。

リュ・シウォン

『夕焼け』を歌い終えると、「みなさん、こんにちは!」「本当に会いたかったです」と語り、『愛してる』では、途中で唇を噛みしめながら涙ぐみ歌えなくなるシウォンの姿に、ファンも涙ぐみ声援を送った。「みなさん、本当に愛してる、サランヘヨ~」とファンに伝え、続いて『ひまわりのRhapsody』では、ダンサーが登場。会場総立ちとなり、リズムに合わせてステップを踏むシウォンと、ファンも同じ振り付けをして盛り上がった。

「ほんとにお久しぶりですね。みなさんお元気でしたか?2005年から10年経って、またここに戻ってきました。休んでる間、みなさんが恋しかったです。10周年迎えたコンサートは、沢山歌を歌うつもりです。振り返りながら1曲1曲大切に歌います。忘れられない思い出にしましょう。この武道館に来ると涙が出ちゃいます…2005年の時を思い出し、この2年間あった色々なことが頭の中を交錯し、こうして今日みなさんの姿を見たら…ちょっと複雑だったんですが、突然涙が出ました…」とこれまでを振り返り複雑な気持ちをファンへ語った。

ペットボトルの水を持ちながら、花道を歩き、センターステージに用意されていた椅子に座り、「自分が選んだ曲を沢山聞聴いてもらいたいので僕が好きな曲Best10です」「僕が好きなスタイルのバラード分かりますか?」「何番目のシングルのタイトルは?」などの質問をファンへ問いかけ「本当にファンですか?」と会場を沸かせながら、前半は自ら好きな曲を1曲1曲解説しながら披露した。

バラード中心に好きな楽曲を歌い「声が、かすれてますが、喉がほぐれた5時間は歌えます」「バラードばかりで居眠りしていたら、僕が見つけてカメラで映しますよ~」の声かけに笑いが起こった。
「韓国で車に乗っている時に聴くと、とても気分が良くなる曲です」と『君とふたりで』を熱唱し、ステージに雪が降り「みなさんと10年目のクリスマスです」と『Christmas for you』を幻想的に歌った。シウォンが選ぶ最後の曲は、「みなさんのこと思いながら歌います」とバックに映し出される東京タワーの映像を振り返りながら、一番ファンを思い出す曲という『東京タワー』では、バックダンサーも赤いペンライトを持ち、客席も真っ赤に染まった会場一体のステージとなった。

空港からリハーサルまで、スクリーンに流れ2部へ。
黒いジャケットにゴールドの飾りが付いた、まさにプリンス風の衣装で登場。ステージ中央に立つと、☆(星)のライトがシウォンを照らし、『蒼天の愛』などをしっとりと歌いあげた。

リュ・シウォン

リュ・シウォン

「コンサートでは始めて歌う曲で、実は初めてデモをもらった時、女性が歌っている曲をもらいました。聴いた時に僕には似合わないかも?という気がして。でも本当にいい歌なので、チャレンジしようと男性のキーに変えて歌うことになったんです。初めて歌うので緊張します」と『tears』を初披露。その後『麗~ULALA~』では雰囲気が変わり、会場も一斉に手拍子でリズムをとった。

歌い終わると会場からは「オッパー(お兄さん)」の声に「オッパ―じゃない!」「僕がヌナー(お姉さん)で、みなさんお姉さんですよ~」「僕より年下の人は?」の質問で会場から「はーい」の答えに「うそつき~」で会場は大爆笑に。マイクをチェンジし「みなさん立ってください」と号令をかけ「今から30分メドレーをするので準備体操しましょう~」とみんなで準備体操し、いよいよメドレーへ。

リュ・シウォン

リュ・シウォン

アップテンポな曲が続き、舞台の端から端まで全力で走り続け、ファンもそれに応えるように手拍子をしたり、ジャンプしながらヒートアップ!『Sweet Sugar』では「僕と結婚しよう」の歌詞に合わせスクリーンに出る「OK」で答えるファン。さらに『JUMP』ではステージに炎が吹き上がる演出とダンスパフォーマンスで、大熱狂のライブとなった。

リュ・シウォン

ステージを後にすると、映像で手書きのリュ・シウォンからファンへのメッセージが流れた。その後、今回は連れてくることが出来なかったという愛娘の動画メッセージで「パパのファンのみなさんありがとうございます。パパ愛してる」という可愛らしいメッセージが流れると、会場からは大歓声が起こった。

アンコールでは 赤いジャケットで登場し『空へ』を歌い、続いて『秋桜(コスモス)』をファンと一緒に歌うと、「この10年間、沢山の歌を歌ってきました。沢山のタイトル曲の中で『秋桜』という曲は武道館で夢を叶えた時にみなさんの前で歌った意味のある曲です。むしろ『秋桜』で涙が出ずに最初の『愛してる』で泣いてしまいましたね(笑)。10年前にここで歌ったなぁと、あの時の気分を考えながら集中して入り込んで歌っていました」と語り、「僕くらい長いコンサートをする人はいないと思う。ドームでは5時間やりました」と言って沸かせると「いつもみなさんと一緒にいたいです」とMVが流れる中『with you』をしっとり歌いあげた。

リュ・シウォン

ドラマ『美しき日々』の『約束(韓国語ver.)』を歌うと、「この曲があったからこそ10年間続いてきて、またみなさんとの10年間が続いたんだと思います」と感慨深く語り、「本当に最後の曲です」と伝えると会場からは「え~~」と惜しむ声が響き渡った。「みなさんに一言で表す言葉です」とファンへの感謝を込めた『ありがとう』を歌うと会場は温かい拍手に包まれた。マイクを置いて「감사합니다(ありがとうございます)사랑합니다(愛してます)」と叫び、エンディングへ。

最後の挨拶では「10周年のコンサートをきっかけに、これから40代のかっこいい男の姿を見せたいと思います」「この10年を決して忘れません。本当に感謝しています。“10年後に武道館で会いましょう”と約束してまた10年後こうやってこの場に立てて会う事が出来ました。言葉では表せないくらい感慨深いです。この2年間これといった活動が出来ずにいました。それでもファンのみなさんは、僕のことを信じて愛して下さいました。心から感謝したいと思います。」とファンへ感謝の思いを伝えた。

「本当の男は40代からです。ここ2~3年休みましたから、残り7年間、みなさんが踊れと言えばダンスもしますし…(笑)」あらためて「男は~(会場も「男は~」)40代からだ~!」と叫び意欲を語った。「本当にみなさん、ありがとうございました。長い間、僕を待っててくれてありがとうございました。カムサハムニダ~サランへヨ~」と投げキスをファンへ送ると、ファンも「サランヘヨ~」と返した。ファンとともに沢山の思いが詰まった10周年の記念すべきコンサート初日は、3時間半を超え、合計35曲を披露し大盛況で幕を閉じた。

【セットリスト】
「2014 JAPAN LIVE“Ryu Siwon”」
2014年11月19(水)@日本武道館
1. 夕焼け
2. 愛してる
3. ひまわりのRhapsody
4. 夏の夢
5. なごり雪
6. 誰も知らないモノローグ
7. ふたりなら
8. モリカル
9. Maria
10. それでも
11. 君想い
12. 君とふたりで
13. Christmas for you
14. 東京タワー

15. 蒼天の愛
16. ASIAN BLOW
17. 僕らが出会ったその場所に…~ウリ マンナン クジャリエ~
18. tears
19. 麗~ULALA~

(メドレー)
20. TOKYOのパズル
21. 女夢―MEMU-
22. Carry On
23. 愛したい 君を 愛したい
24. Sweet Sugar
25. JUMP
26. 流れ星
27. Who am I
28. 眠る花
29. BABYLON
30. FOREVER

(アンコール)
31. 空へ
32. 秋桜
33. with you
34. 約束(韓国語ver.)
35. ありがとう…


この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る