崇仁洞フリーマーケット

崇仁洞フリーマーケット
財布の中身が寂しいときでも歓迎される場所があるとしたら、そこがまさに崇仁洞のフリーマーケット。
ソウルでフリーマーケットと言えば、なんでもあると言われていた黄鶴洞が有名です。
残念ながら現在は清渓川の工事とともに黄鶴洞フリーマーケットは、各所に散らばって営業する形となってしまいました。

しかしその黄鶴洞フリーマーケットの生まれ変わりとも言えるのが、この崇仁洞フリーマーケット。
1980年代末に始まり現在まで、東廟公園の石垣沿いには毎日露天が広げられ、衣類や電子製品、財布、時計、古書などのあらゆる骨董品が取り引きされています。
驚くべきことに、こちらで売られている品物は大部分がなんとたったの1000ウォン。
10000ウォン一枚が簡単に飛んで行ってしまうスーパーでの買い物を考えると、ほとんどタダという印象さえ受けます。
もちろん中には数万ウォン、10万ウォン以上のめぼしい品物もありますが、一般の市場の値段と比べるば安いものと言えるでしょう。

崇仁洞フリーマーケットで一番の人気品目は、中古の衣類です。
日本でも古着は人気ですが、値段はこちらのほうが断然お得。
主にアパート団地などのリサイクル品収納所に集まった衣類を、商品たちが安い値段で買い取ってからこちらで売ります。
鴨鴎亭洞や東部二村洞など富裕層アパートから買い取ってきた服は、高価なブランド物や使用感がないものも多いため、瞬く間に売れていきます。
そのため新しい服が入荷する日には、掘り出し物を見つけようとする人たちでごったがえし。
インターネットショッピングサイトの運営者達も訪ね、大量購入をしたりもするようです。

ショッピングを楽しんでいる途中、小腹が空いたら一つ1000ウォンのアヒルのゆで卵や納豆韓国式お好み焼きでお腹を満たすことも可能。
コーヒーも500ウォンからと、とっても安く頂くことが出来ます。
またフリーマーケットの近くには韓国国宝142号に指定されている「東廟公園」もあります。
ソウルでただ一つの関羽将軍の法事を行う場所でもあり、入場料も無料なためショッピングの後はこちらを観光するのもよいでしょう。

ただでさえショッピング天国の韓国。
市場に出回っているものよりさらに安く購入できるこの崇仁洞フリーマーケットで、掘り出し物を発見する旅も面白いかもしれません。

■基本情報
名称:崇仁洞フリーマーケット
住所:ソウル市鍾路区崇仁洞2洞
電話番号:02-731-1806
営業時間:10:00〜18:00
交通アクセス:1・6号線東廟前駅3番出口


ページ上部へ戻る