「クォン・サンウ スペシャルナイト With You」取材レポート!

11月4日(月・祝)大阪と11月6日(水)東京でドラマ『野王』に主演のクォン・サンウを迎え、「クォン・サンウ スペシャルナイト With You」が開催されました。東京国際フォーラム ホールAで行われたイベントの様子をレポートします!

「こんにちは~会えて嬉しいです。皆さんお元気でしたか?皆さんのことがとても気になっていました。とても会いたかったです。」とクォン・サンウがステージに登場すると会場は大歓声!

オープニング

―今のお気持ちはいかがでしょうか?
サンウ:韓国に帰るのが嫌になってしまいました。

―『野王』では壮絶な愛の復讐劇を演じましたが、今はまた違う作品を演じていらっしゃるということですが?
サンウ:はい、今、まさにドラマの撮影の真っ最中なんですが、本当に帰りたくないです。帰ると辛い撮影が待っているので、日本で皆さんとお会いして、美味しい物を食べて余裕を持って過ごしている今がいいです。本当に帰りたくないです。

―大阪のイベントはいかがでしたか?
サンウ:とても楽しかったです。大阪に到着した時は、3日間眠らないで来たので疲れていて大変だったのですが、皆さんにお会いして元気が蘇ってきました。今日は、また大阪と違った感じですね。朝、髪を切りました。(笑)大阪に来た時には飛行機に乗って出発してきたのですが、眠ってしまったので離陸したのも気付かなかったんです。到着した時にやっと目を開けたんです。(会場には大阪公演に行った人も多数いるが、初めてサンウに会うという人も多い様子)大阪でも初めての方が沢山いてびっくりしました。ますます楽しい時間を作らないといけないですね。

<やられたらやり返す ハリュの倍返しだ!>
(VTR…『野王』では1人の女性、ダヘに尽くすサンウが演じたハリュを紹介)
―共感出来るところは?
サンウ:人を愛すれば、その人のために何でもしてあげたい、尽くしたいと思うものだと思うのですが、今回は裏切られた衝撃があまりにも大きくて、それ以上言葉が繋がらないですね…ああいった女性と出会ってはいけません。(笑)

(VTR…尽くしても騙され続けるハリュを紹介)
―お芝居とはいえ、ダヘ役のスエさんを憎らしく思ったことはないですか?
サンウ:そういうことはなかったです。逆に演技が上手なのでこちらも集中して演技が出来ました。スエさんはとても可愛らしい女性なのに、あんな演技をするので、見てる人はますます怒りを感じたのだと思います。

(もし、サンウさんだったら…3択質問)
Q.自分の浮気現場を押さえられたら自分が取る行動は?
(A:素直に浮気を認めて謝る。B:やましいことは何もないとシラを切る。C:走って逃げる。)
サンウ:想像するのも嫌な状況ですね。逃げても何も変わらないのでAが一番いいのかなと思います。BとCは許されないと思います。
―そんなに真剣に考えなくてもいいですよ(笑)
サンウ:すみません…(笑)
―サンウさんは好きな人が出来たら、言われたいタイプですか?自分からいくタイプですか?
サンウ:男のほうから告白するべきでしょうね。2人とも愛し合ってることを知っていたとしても、決定的な瞬間は男性のほうから告白したほうがいいのではないでしょうか。

<最新作『メディカルトップチーム(原題)』について>
―サンウさんの役どころと見どころを教えてください。
サンウ:僕としては初めて医者の役を演じているのですが、とても素晴らしい医術を持っていて、心が温かくて非常に感性豊かな人物です。
―何科の先生ですか?
サンウ:胸部外科です。実際にドラマの撮影の前に本当に肺がんの患者の方の手術の様子を見せていただいたんです。その時はとても衝撃的でした。人間の体を一度開いてまた閉じるという手術だったので、これは普通の職業ではないなという気がしました。最初は少し怖かったのですが、集中して見入ってしまいました。人というのは人生のなかでこのような手術を受けずに大病をしないで生きられるのは幸運なことだと感じました。
(ここで白衣が登場。颯爽と白衣を着て、聴診器でMCを診て「とても健康です(笑)」と会場を沸かせた)

質問コーナー

<サンウに聞きたい!あれって本当!?>
次に会場から直接本人に質問コーナーが行なわれた。「面白い質問をお願いします!」と客席に降りて歩くサンウに会場は悲鳴!

Q.今回のドラマで一番大変なことは何でしたか?
サンウ:他のドラマに比べて徹夜をすることが多いのが大変です。特に手術シーンですが、テレビで見ると短いですが、撮影は毎日徹夜で行われるので肉体的にも大変です。

Q.芸能界の中でお酒を飲んで楽しい友達は?私達が知ってる有名人で。(笑)
サンウ:正直芸能人の方としばらく飲んでないですね。結婚前は親しいソン・スンホンさんと時々お酒を飲んでました。最近飲んだのはチョン・ウソンさんです。

さらに「楽しい質問をお願いします。聞いてつまらなかったら次に行きます(笑)」と客席を練り歩くサンウ。

Q.私は最近出産しましたが、サンウさんはルッキ君(息子さん)の出産には立ち会われましたか?
サンウ:立ち会いました。(ファンから写真を見せられ)小さいので男の子か女の子か分からないですが可愛いですね。(ファンからルッキ君の結婚相手にと言われ、互いの子供の)2人の運命を信じて見ましょう。(笑)

Q.私は今、ダイビングに嵌まってますが、サンウさんはダイビングをしますか?
サンウ:サイパンで1回だけしたことがあります…(若干興味がなさそうでここで撤退(笑))

次に小さい女の子とお母さんを指名し、その4歳くらいの女の子を「かわいい」と抱っこするサンウだがかなりびっくりして固まる女の子。(笑)
サンウ:娘さんですか?うちの息子と同じ年ですね。この子かわいいですね~(笑)
女の子のお母さん:娘は『野王』でサンウさんのファンで、自分から「行きたい」と言って来たんです。
サンウ:ハリュだよ(声を掛けられてもどうやら馴染めない女の子(笑))
Q.普段お子さんとどうやって遊びますか?
サンウ:けんか遊びやジェンガ(JENGA)をして一緒に遊びます。(女の子に)次はルッキと一緒に会おうね。

Q.(お母さんが大ファンという息子さんから)どれくらい体のトレーニングをしていますか?
サンウ撮影が無い時や、撮影が終わった時は1日に1時間くらい、毎週5日くらいは必ず運動しています。

ステージへ戻り「皆さんと近くで会えて嬉しかったです。そして皆さんが喜んでいる姿を見てまた嬉しくなりました。」とファンと直接触れ合い、喜びを語った。

CM作成

CM作成2

<みんなでつくろう!ファンクラブCM>
続いてファンクラブのCM作成が行なわれた。客席のブロックごとに「かっこいい!」「大好き!」「愛してる!」と叫び、さらにサンウが客席中央に移動し「僕の家に遊びに来てください!」とコメントし撮影終了!

次のコーナーのために一旦退場、撮影風景のVTRが流れ、「マイケルジャクソンみたいですね」と腕にラインが入った爽やかな白いシャツで登場。

<イケメンと過ごす○○の秋>
ここではサンウとファンの対決コーナーが行なわれた。抽選で選ばれたファン1人とサンウが会場を1周して早く到着したほうが勝ち。ただし、サンウは懸垂、笑顔でスキップ、分厚いマンガ本を破くという障害物ありという対決だが、結果マンガ本で苦戦したサンウの負けとなり、ファンの願いを叶えることに。

―サンウさん遅いじゃないですか~
サンウ:日本のマンガ本は本当に頑丈です。僕、勝てたのにな…(かなり悔しそうなサンウ)大阪では距離が短かったのですが、ここは距離がありましたね。

ファンの願いはハグということで、ハグをして、持ち上げてぐるぐる回されたファンは「倒れそうです」にサンウは「僕も大変でした」(笑)

おえかき対決

<おえかき対決>
次に、美術専攻だったというサンウの絵心を披露した。会場から対戦する2人とモデルの1人を選び「しばらく描いてないので自信がないです」と言いつつ、見事な絵の腕前を披露し会場を驚かせた。

<イケメンサンウ 私を見つけて>
該当する人物を会場からサンウが見つけてくるというもので、見事に全て正解。
・恋人もしくは夫(愛人可)がイケメンの人…携帯にあるイケメンの画像をアピールするファンの中から、厳選して選ぶサンウ

・大阪のイベントにも来た人…「舞台に上がってもらったのは1人だけですが、客席にはずっと応援してくれてる方が何人もいらっしゃいます。僕が辛い時や大変な時に力になってくださって本当にありがとうございます。」といつも応援してくれているファンに感謝した。

・10万円以上持っている人…大きな財布の袋を持っている女性を選び「帰る時に気を付けてください」と気を配った。

司会者から「顔相も見れて絵も描けて、すぐ泣ける、クォン・サンウは出来ないものあるんでしょうか!?」と言われ「沢山あります」と謙遜するサンウ。3つの条件を的中させたサンウは「僕自身もびっくりしました」と笑顔で答えた。

妄想コーナー

妄想コーナー2

<いやん、だめよ♡♡ザ・妄想タイム>
会場から5名選びステージへ。
(妄想1人目)キッチンで料理をしながら夫の帰りを待っていると、夫のサンウが帰ってきて後ろからギュッと抱きしめ「ただいま♡」
(妄想2人目)バスに乗って揺られる2人。彼女が眠りにつくとサンウは彼女の頭を自分の肩に引き寄せる…はずだが、実際は自分から頭をサンウの肩に!(笑)
(妄想3人目)自転車に2人乗り。遠慮がちにサンウの肩を掴んでいる彼女に「あぶないからもっとしっかり掴めよ」と彼女の手を自分の腰にまわす…だが、「すみません。タイヤがつぶれてびっくり」と息を荒げるサンウ(笑)
(妄想4人目)向かい合わせに歩く互いに見知らぬ2人。すれ違う瞬間つまづいて転びそうになる彼女をサンウが優しく手を差し伸べる。
(妄想5人目)クリスマスイブの寒い夜、恋人のサンウを凍えながら待つ彼女。遅れて現れたサンウは「ごめん寒かった?」と彼女の手を吐息で温め、自分のコートで彼女を包む。

サンウと夢のような妄想の世界を熱演して、会場は大爆笑と大歓声に包まれた。
さらに先ほど撮影したCMが完成し公開された。「皆さんのおかげで凄くいいのが出来たと思います」と大満足。

―今日を振り返ってみてどうでしたか?
サンウ:いつも楽しいです。皆さんとこんな楽しい時間を過ごせるのは嬉しいですし、皆さんが喜んでくださるので僕もまた嬉しいです。今日はコンディションも回復しました。本当に明日帰るのが残念です。

次に歌の準備の間、プレゼント抽選会が行なわれ、写真に手形・サイン入りを4名、サンウグッズ入りトートバック(サイン入り)を1人にプレゼント。

歌

歌2

「いつも大きな力になってくれてありがとう。最後に真心を込めて歌います。至らないですが応援してください。」とメッセージが流れ、ステージ上の月のセットに腰かけ自身の曲でもある『Missing』と『Miracle』を優しく歌い、さらにアンコールにでは会場も手拍子で総立ちになり『Etude』をリズムをとりながら披露し拍手喝采となった。

エンディング

サンウ:楽しかったですか?こんな風に沢山の方が応援してくださってとても嬉しいです。本当に皆さんの前に立つと嬉しくなります。沢山の方の声援をいただけて、僕のことを大切に思ってくださると思うと、この世の中の誰も羨むことはないという気持ちになります。偶然だと思いますが、僕は沢山の方に愛していただいて日本に来るようになったのはもう10年くらい前になります。その10年という時間ですが、全く長く感じられないです。皆さんに会うたびに退屈することもなくて、それ以上に嬉しいなという気持ちで帰ることが出来ます。僕は日本に来ると皆さんのことを「家族」と呼んで、「家族」という言葉を使うのですが、社会生活を長くしているともちろん友達も、恋人も、その他の人間関係も大切ですが、やはりいつも隣にいてくれる方が大事だなと思います。ただ単に学校の友達だったとかご縁で親しいフリをしているのではなくて、本当に隣で僕のためを思ってくださる方が一番大事です。そう思うと僕には母がいて、家族がいて、そして韓国と日本のファンの皆さんがいます。日本のファンの皆さんは外国の方ですが、僕にとってはそんな気がしません。僕にとっては「家族」という気持ちです。僕は皆さんに会って帰る時に、時々涙が出ることがあります。いつも楽しい気持ちで帰ろうと思うのですが、目の前で泣いている方がいらっしゃると…(客席で泣いているファンの名前を聞くサンウ)泣くから僕も寂しくなっちゃうじゃないですか。次に会う時まで、家族の皆さんとそのまた家族の皆さんがいつも健康で元気に過ごして欲しいと思います。僕は今、医学ドラマを撮っていますが医者の役をやっていて、撮影しながらよく思う事があります。それは健康が大切だということです。ストレスを溜めないで健康に過ごすことが一番大切なので、皆さんどうか元気に過ごしてください。こうして皆さんにお会いして帰る頃にいつも思います。僕はもっともっと皆さんのことを楽しませてあげたかったのに、上手く出来なかったなと残念な思いが少し残ってしまいます。でも、帰ってからドラマを最後まで撮って、来年も休まずに映画やドラマでいい作品で皆さんにご挨拶したいと思います。エネルギーに溢れたいい作品で会いたいです。帰らなきゃいけないんですが、なかなか足が動かないんです。韓国に帰りたくないんですがどうしましょう…今日は至らない点がありましたが、好意的に受け止めてください。次回も楽しい姿で皆さんにお会いしたいと思います。またお会いしましょう!ファンクラブのほうに沢山写真をアップして近況を沢山お伝えします。さようなら~(沢山手を振って)泣かないでください~アンニョン、サランハムニダ~(愛してます)

■取材後記
最後は名残惜しそうにステージをあとにしたサンウさん。この会場は広いはずなのに、狭い感じがするほどファンと近づき、温かくて楽しいイベントでした。終演後は来場者の見送りも行ない、ファンにとっても忘れられない思い出の一日になったことと思います。また次回も素敵な作品と共に待っています!
◆KNTV Special『クォン・サンウ スペシャルナイトWith You』
12/25(水) 日本初放送 深夜0:55~2:30



ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません