チョン・ウソン、クォン・サンウと「飛べ、小川の竜」で代打共演!飲酒運転のペ・ソンウは送検

チョン・ウソン

写真:STUDIO&NEW

SBSドラマ「飛べ、小川の竜」に急遽代打として出演することになったチョン・ウソンの撮影風景が公開された。

29日、SBSドラマ「飛べ、小川の竜」で、無愛想ながらも文章ひとつで心を動かす、生計のために記事を書く記者パク・サムス役を演じるチョン・ウソンのスチール写真が公開された。

クォン・サンウとペ・ソンウ

写真:STUDIO&NEW

クォン・サンウとともにツートップでドラマの主演を務めていたペ・ソンウが、飲酒運転容疑で摘発されたことから、ドラマ降板が不可避となり、「飛べ、小川の竜」は今月12日の放送後、3週間休止するという前代未聞のピンチに陥った。

代役としてペ・ソンウと同じ所属事務所のイ・ジョンジェの名前が報道されたりもしたが、最終的にチョン・ウソンが代役を務めることになった。

降板前に既に撮影完了済みの16話まではペ・ソンウの出演シーンを可能な限り編集して放送、17話から最終回の20話までをチョン・ウソンが演じる。

29日、ドラマ制作陣は、「チョン・ウソンは、短い準備期間にもかかわらず、パク・サムスという役柄をパーフェクトに演じ、初撮影からドラマに自然に溶け込んだ。深刻な様子と軽薄な様子を行き来するチョン・ウソンの新たな魅力を見ることができるだろう」と撮影の様子を伝えた。

「飛べ、小川の竜」の13話は2021年1月1日に放送され、17話からチョン・ウソンが登場する。

一方、飲酒運転の容疑で摘発されたペ・ソンウは、起訴意見付きで検察に送検された。
放送中のドラマ主演俳優が、飲酒運転で放送に穴をあけるという大事故を起こし、今後の俳優活動復帰は絶望的といえそうだ。

韓国ドラマ「飛べ小川の竜」

写真:STUDIO&NEW

ネット上にはペ・ソンウを非難する声が多い。
「今まで見ていなかったけれど、クォン・サンウとチョン・ウソンというトップスターの夢の共演実現で、ドラマに関心が沸いた」「最初からこの2人で主演すれば良かったのに」など皮肉を込めた書き込みも散見している。




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません