ZE:A「Empireof ZE:A-episode3-ZE:A LIVE 2013 in YOKOHAMA」&ファンミーティング開催!

ZEAの写真
歌だけでなく、ドラマ、バラエティーなど個々の活躍も目醒しい9人組K-POPグループZE:A(ゼア)の日本単独ライブ「Empireof ZE:A-episode3-ZE:A LIVE 2013 in YOKOHAMA」と、久しぶりとなるファンミーティング「ZE:Aファンミーティング2013 全員集合!ZE:A’s学園 学園祭」を3/21,22にパシフィコ横浜で開催した。

ZEAの写真5
リーダーのジュンヨンの登場した久々となるZE:Aのファンミーティング「全員集合!ZE:A’s学園 学園祭」は、ファンもZE:Aメンバーも学生になって一緒に楽しむ学園祭というコンセプトで行われた。

ZE:A’s学園の校長を務めるMCの古家正亨の呼びかけで、ZE:A’s学園際実行委員長のジュンヨンと、学園の精鋭達のメンバー全員が学ラン姿で登場!レアな学ラン姿のメンバー達に、ファンから黄色い歓声が上がり、学園祭ムードが一気に盛り上がる。それぞれの自己紹介では、不良学生風だったり、いじめられっ子だったりとメンバーそれぞれがキャラを演じ、会場の笑いを誘った。

ゲームはファンもメンバーも2チームに別れ「借り物競走」が行われ、リストに書かれたモノを借りるために、メンバー達はそれぞれ会場内を練り歩くなど、ZE:Aを間近で見ることができるイベントとなった。そして、ZE:Aに関する○×クイズでは残ったファン5人が舞台に呼ばれ賞品としてZE:Aメンバー全員とのチェキ撮影が行われた。

最後は、参加者全員にメンバーからそれぞれ表彰状の授与が行われ、大好評のうちにZE:A’s学園祭は幕を閉じた。

イベントでのチーム編成では、A・赤チームにグァンヒ、ヒチョル、シワン、ケビンの年上チーム。B・緑チームはミンウ、テホン、ヒョンシク、ドンジュンのヤングチームに客席も左右に分かれて対戦。○×クイズではQ.リーダーはウインクが出来る?Q.ヒョンシクは毎日牛乳を1ℓ以上飲んでいる?Q.グァンヒは腕立てを1分に50回→(変更)10回出来る?などなど…普段はなかなか見られない学ラン姿も見れるなど、楽しい学園祭となった。

ZEAの写真1

続いて同会場でライブ「Empire of ZE:A-episode3-ZE:A LIVE 2013 in YOKOHAMA」が行なわれた。

暗くなった会場内で舞台にZE:Aのロゴが映し出され、会場のボルテージは一気に上昇。姿を表したZE:Aメンバー達に会場から黄色い声援が飛び、「Empire of ZE:A-episode3-ZE:A LIVE 2013 in YOKOHAMA」ライブは、人気楽曲の「PHOENIX」でスタート。

ZEAの写真2

メンバーソロステージでは、歌唱・ダンス共に定評のあるケビンによるマイケル・ジャクソンメドレーで華麗なダンスを披露。見事なムーンウォークに歓声が上がった。そして、ドンジュン&ミンウによるダンスバトルや、テホン&ジュンヨン合作の自作曲の披露、グァンヒによるのメドレー、そして今回一番のサプライズステージだったヒチョルによる安室奈美恵 feat.AFTERSCHOOLの「Make it happen」が披露され、会場を大いに沸かせた。

その後、日本全国をバスで巡ったZE:A FIVE(ヒョンシク、シワン、ミンウ、ドンジュン、ケビン)によるステージでは、美しいハーモニーと切ない歌詞で、会場を優しく包み込んだ。

ZE:Aの得意とするダンス曲では、ZE:Aの魅力が力強くダンスで表現され、セクシーなダンスでは黄色い歓声があがり、少年から大人の男に変貌したZE:Aがファンを魅了。最後は、「星になって」で美しいハーモニーを残し、ZE:Aはステージを後にした。

ZEAの写真4

21日、22日の2公演で7,000名を動員した「Empire of ZE:A-episode3-ZE:A LIVE 2013 in YOKOHAMA」では、アンコールを含め全21曲を披露したZE:A。韓国でもZE:A FIVEのミニアルバム「Voulez-vous」が3/25に発売となり、グループ、ユニット、俳優、バラエティーと今後のZE:Aの活動から目が離せない。

◆「Empire of ZE:A-episode3-ZE:A LIVE 2013 in YOKOHAMA」セットリスト
1.PHOENIX(Japanese Ver.)
2.Be my girl
3.All Day Long
4.Never End(Japanese Ver.)
5.後遺症(R&B ver.)
6.ケビン~マイケル・ジャクソン メドレー
7.ドンジュン・ミンウ~ダンス
8.ヒョンシク~I believe(シン・スンフン)
9.テホン・ジュンヨン~テホン、ジュンヨンによる自作曲
10.グァンヒ~Grandfather’s clock+Call me maybe(Carly Rae Jepsen)+Loving U(SISTAR)
11.ヒチョル~Make it happen(安室奈美恵 feat.AFTERSCHOOL)
12.ZE:A FIVE~She’s Gone
13.ZE:A FIVE~Lovely Day
14.ZE:A FIVE~Beautiful ma girl
15.Daily Daily(Japanese Ver.)
16.Begin with kiss
17.HEART FOR 2
18.Dirty Cat
19.Body to Body
アンコール
20.メドレー(Bad-Talk-Sad-Mazeltov+Watch out! (Japanese Ver.))
21.星になって(Someday…)

取材日:2013年3月22日(金)


ページ上部へ戻る