JYJユチョンの事件で最初に告訴した女性などに拘束令状申請!

JYJのメンバー、ユチョンを性的暴行の疑いで一番最初に告訴したA氏と、A氏の恋人、いとこに対し拘束令状の申請が行われた。

4日、ソウル・江南(カンナム)警察署は、マスコミに対し、「ユチョンを性的暴行容疑で告訴したA氏とA氏の恋人、いとこを相手に拘束令状を申請した。罪状は、誣告罪、恐喝未遂の疑いだ」と明らかにした。

江南(カンナム)警察署は、ユチョン側から彼らに金銭が流れたということをつかみ、当初、恐喝容疑を適用しようとしたが、このお金が恐喝行為の対価であった心証があるというだけで直接的な証拠を確保することができず、最終的に恐喝未遂の容疑を適用することになったという。

ユチョン側は、A氏とA氏の交際相手、そして暴力団の一員として知られているいとこに告訴を口実に5億ウォンを要求されたと主張し、これに関連する録音ファイルを証拠として提出していた。警察は、A氏が告訴を取り下げた後、双方の間に1億ウォンがやり取りされた状況を確認し、その目的についてなどを究明するために補強捜査を行ってきた。警察は、来週中に捜査を終了し、事件を検察に送致する予定だ。

    この記事もよく読まれています!

    ページ上部へ戻る
    Translate »