BASTARZ(From:Block B)ついに日本デビュー!「SHOW CASE in JAPAN 2015~HELLO BBC~」取材レポート!

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

BASTARZライブ1

人気沸騰中のWARUGAKIアーティストグループBlock B(ブロックビー)のメンバーから、ビボム・ユグォン・ピオの3人で結成されたユニットBASTARZ(バスターズ)が、10月7日にリリースした日本デビューシングルとなる『品行ZERO』を引っさげ、リリース後初のライブ「BASTARZ (from Block B) SHOWCASE in JAPAN 2015 ~HELLO BBC~」を10月9日(金)新宿BLAZEにて昼夜2回行った。夜公演の様子をお届けします!

イベントが始まると、会場は大歓声が沸き、ユグォンがピンク、P.Oがグレー、ビボムがネイビーのスーツ姿の3人がステージに登場。日本デビュー曲『品行ZERO』Japanese Ver.で幕を開けると会場の熱気は一気にヒートアップ!
司会でおなじみの古家氏があらためて3人を紹介。「こんばんはーBASTARZです!」とそれぞれ自己紹介し、今の心境を聞かれると「緊張しています」とユグォン。「楽しくやっていきたいです。緊張していません」とP.O。チョコのクッキーを食べたおかげで(笑)「緊張は大丈夫!」とファンの大声援に嬉しそうな3人。

BASTARZライブ2

BASTARZライブ3

韓国で大ヒットし、10月7日にリリースした1stシングル『品行ZERO』の日本語バージョンをファンの前で披露した感想を聞かれると「BASTARZの単独イベントで沢山の方に関心を持ってくれてとても嬉しいです(ビボム)」「皆さんが一緒にステージを盛り上げてくれてありがたいです。バスターズの単独ショーケースをやると聞いて心配になりましたが、皆さん応援を目の前にして元気が出ます(P.O)」「BASTARZのショーケースに来てくれて本当にありがとうございます。最後まで一緒に盛り上がっていきましょう。ありがと!(ユグォン)」と日本語で気持ちを語った。

ソロコーナーでは、シックな黒いシャツのユグォンが清水翔太の『君が好き』を流暢な日本語で歌うと、爽やかな白いシャツのビボムは40の『Bravo』でキレキレのダンスパフォーマンスを披露。黒いコートを羽織ったP.Oはダンサーを引き連れ『Shake+P.O』で低音ボイスのラップが会場に響き渡った。

BASTARZライブ_ピオ

BASTARZライブ_ピオ2

BASTARZライブ_ビボム

BASTARZライブ_ビボム2

BASTARZライブ_ユグォン

BASTARZライブ_ユグォン2

この日トークのほとんど日本語でこなして上達ぶりを見せつけたユグォンは「ビックニュースがあります!」と前置きし「12月に新しいミュージカル『ハル(一日)』と、来年の春に映画に出ます。僕は韓国留学生の役です」と日本のショートムービー『Qちゃん』(仮題)への出演を嬉しそうに報告しファンを喜ばせた。

3人がステージに揃うと「日本デビューおめでとう」と、韓国語で書いたプラカードをファンが掲げたサプライズでBASTARZの3人を驚かせた。嬉しそうに会場を見渡す3人、「後ろの人が見えないからもう降ろして大丈夫ですよ~」と気遣うユグォンにファンもうっとり。

トークコーナーでは、BASTARZとしてデビューしての気持ちを聞かれ「今まで7人だったので、少しプレッシャーがありますが、見せたいと思っていた姿もあるのでとても楽しみです」とP.O。 BASTARZのメンバーは抽選?に、ユグォンが「赤とブルーのボールの抽選で、赤ボールの3人です」と、赤のボールを取った表情を再現する3人の姿に会場も大盛り上がり。

BASTARZの楽曲についてビボムは「Block Bとはまた違ったカラーを見せたくて、悩んでた時にZICOがこの曲を聞かせてくれたんです」とカリスマリーダーZICOの協力もあったという。振付については「先輩2人が意見を出してました」とP.Oが言うと、「車のワイパーみたいな感じ」と振付のコツをファンに伝授するユグォンとビボム。

【バスターズのプロフィールを作ろう】のコーナーでは、HPに公開されているプロフィールと、実際に違っているところを見直していこうというコーナー。プロフィールが書かれた3人のパネルがステージに運ばれ、なんと、3人とも身長や体重が大幅に書き換えられるという事態に会場は大爆笑!また、新たな特技に「セルカ中毒」というビボムは、ファンと一緒に慣れた手つきで写真撮影。ファンのために毎日のようにインスタグラムにUPしてファンを喜ばせているという。ユグォンの特技は「ものまね」。やってほしいという要望に犬や猿まで真似てみるユグォンにファンも大うけ!P.Oの特技はなんと「色を体で表現する」。藍色やホットピンクという難しい色に「今がつらいです…(照)」と恥ずかしそうにポーズをとって見せ、ぞれぞれパネルにサインをしてファンへプレゼントした。

【ファンからQ&A】では「Q.ファンのために日本語で甘い言葉をかけてほしい」にP.Oは「キスして~」、ユグォンは「これから一緒にいこう」、ビボムは「夢で逢おう」「今日うち来ない?」という甘い言葉でファンを悩殺、会場は黄色い悲鳴の連続となった。「Q.BASTARZの曲のなかで見てほしいポイントは?」に「顔」「ダンス」「歌詞」「全部」。「Q. BASTARZの魅力を体で表現して」には、代表してビボムがお尻を振って表現してみたり(笑)、「Q. BASTARZで今度やりたいことは?」には「BASTARZとしてのコンサートをやりたい」とP.O。3人の自由な爆笑トークで話が尽きないコーナーとなった。

最後のあいさつでは、
ビボム「時間が早すぎますね。BASTARZショーケース楽しかったです。次回もBASTARZのイベントが出来るように僕たちも一生懸命頑張りますので、ずっと応援してもらいたいです」

P.O「本当にBASTARZのショーケース楽しかったです。僕たち上手くできていましたか?よかったです。また会えると嬉しいです」

ユグォン「BASTARZのショーケース、マジでマジで楽しかったです。これからBASTARZの公演を沢山やりたくなりました。Block Bのコンサートも早くやりたいですね。そして、ソロステージも沢山お見せできるように頑張ります。実は今、ビボムさんもP.Oさんもそれぞれ曲を作ってるので期待してくれるかな~?ありがと!」

さらにBlock Bのホールツアーが来年1月9、10、11日に東京ドームシティーホール、1月16、17日に大阪オリックス劇場で公演が決定したことを報告し、最後は日本未発表曲の『泥棒』や『品行ZERO』の韓国のオリジナルバージョンなどでファンを熱狂させ、大盛況でイベントを終えた。

BASTARZ

ピオ

ビボム

ユグォン

【セットリスト】
BASTARZ(from Block B) SHOW CASE IN JAPAN 2015~HELLO BBC~
2015年10月9日(金)@新宿BLAZE

1.品行ZERO(Japanese Version)
2.君が好き(清水翔太)ユグォン ソロパフォーマンス
3.Bravo(40)ビボム ソロパフォーマンス
4.Shake+P.O(P.O)ピオ ソロパフォーマンス
5.泥棒(日本未発表曲)
6.Charlie Chaplin(Japanese Version)
7.品行ZERO(Korean Version)

■CD情報
品行ZERO_B-BOMB

品行ZERO_P.O

品行ZERO_U-KWON

品行ZERO

BASTARZの作品を見てみる

Japan 1st Single「品行 ZERO」2015.10.7 ON SALE
◆初回限定盤 B-BOMB EDITION  KICM-91626 ¥1,389+ 税
M1 品行ZERO(Japanese Version)
M2 Charlie Chaplin(Japanese Version)
◆初回限定盤 U-KWON EDITION KICM-91625 ¥1,389+ 税
M1 品行ZERO(Japanese Version)
M2 Charlie Chaplin(Japanese Version)
◆初回限定盤 P.O EDITION KICM-91624 ¥1,389+ 税
M1 品行ZERO(Japanese Version)
M2 Charlie Chaplin(Japanese Version)
◆通常盤 KICM-1627 ¥926(+ 税)

◆2016年1月 東京・大阪にて「Block B JAPAN HALL TOUR 2016(仮)」開催決定!

■BASTARZ(from Block B)「品行ZERO (Japanese Version)」MV

JAPAN OFFICIAL WEBSITE:http://www.block-b.jp/

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »