パク・シネ「私がみなさんのキャンディーに!」ファンとホワイトデーイベントを開催!取材レポート!

『美男(イケメン)ですね』『相続者たち』『ピノキオ』など、出演作品が次々と高視聴率を叩き出す韓国人気女優のパク・シネが、ホワイトデーの週末でもある3月15日(日)品川プリンスホテル Club eXにて「PARK SHIN HYE White Day Party」を開催し、トークとスイートな歌声でファンと甘いひとときを過ごした。

パク・シネパーティー

大ヒットドラマ『ピノキオ』のOST『Dreaming A Dream』を歌いながら、春らしいパステルピンクのフレアスカートのスーツで登場したパク・シネ。「私自身が皆さんのキャンディーになろうかと思いました」とコメントし、ホワイトデーらしい雰囲気でイベントがスタートした。

『ピノキオ』の撮影が終わってからは、沢山のインタビューやコマーシャル撮影をこなし、グラビアの撮影で海外へ行ったりと、忙しく過ごしていたというシネは、1人でバックパック旅行がしたいとのことだが、今回グラビアの撮影で行ったロンドンでは携帯を盗まれてしまい、ドラマで撮り貯めた写真がなくなってしまったことを明かした。母に連絡すると「盗まれたのが携帯で良かった。あなたは盗まれてないでしょ?」と、感動的な言葉が返ってきたという。「1人で旅行に行ってみたいという気持ちはあるが、また同じようなことがあるのでは?」とちょっと心配と不安な気持ちを語った。

<最高の1分>コーナー
過去の主演作品から選ばれたシーンを公開。
『美男(イケメン)ですね』からは、チャン・グンソクとのキスシーンが映され、ショートヘアだった頃の自分を見て、「今見ると子供みたいで幼かったですね」と振り返り、今髪を切りたいと思っていたが、この映像を見て「もう少し我慢します」と答えた。また、ドラマの最後にみんなで一緒に公演をしたシーンは、実際にFTISLANDやチャン・グンソクのファンが応援に来て、本当に公演のようだったことが印象に残っているという。

『オレのことスキでしょ。』では、酔っぱらってCNBLUEのヨンファに絡むシーン。実際に酔うと陽気になるというシネ。ほっぺが痛くなるほど何でもケラケラ笑い過ぎて、その後は眠くなってしまうという。
このドラマでの好きなOSTには、「CNBLUEの『そうするつもりです、忘れるつもりです』がいい!」と相手役のヨンファに言ったことがあり、歌っていたのがヨンファではなく、同じメンバーのジョンヒョンだったため、「拗ねてしまったヨンファさんを思い出します」と笑顔で答えた。また、多忙だった撮影収録後に車の事故に遭ってしまい、自分は打撲で済んだが、スタッフは全治2、3カ月のケガをしてしまったことを明かした。

『となりの美男(イケメン)』では、家に閉じこもっている理由を相手役のユン・シユンに説明するシーン。
「自分が受けた傷をみんなの前で打ち明けることによって、少し打ち破っていけるきっかけになったシーンで、私自身も大変な撮影でした」と振り返った。「もし、ドラマのように隣に素敵なイケメンがいたら?」と聞かれると「私はちょっと積極的かな。恋人になったら気持ちを注ぎ込む方じゃないかなと思います。お弁当を作ってあげたり、買い物をしてあげたり…」と恋愛について率直な気持ちに語った。

『相続者たち』では、結んでいた髪留めのゴムをイ・ミンホが後ろから外し、髪がなびくシーン。
「その頃は綺麗な髪でしたが、今はドライヤーのかけ過ぎでホウキのようになってしまってます」と沸かせ、印象に残っている場面、セリフには、「お母さんとの感情をぶつけるシーン」と、タン(イ・ミンホ)に向かって「今日もう1日だけ一緒にキャンプをして真夏の夜の夢を見よう」というセリフを挙げた。また、プライベートでは、家族でカカオトークのグループのルームを持ち、いつも連絡を取り合っているという。

『ピノキオ』では、イ・ジョンソクとのキスシーン。
「お互いの気持ちを確認するシーンで、好きなシーンですが、大きな画面で見て、恥ずかしいですね」と照れながら振り返った。相手役のイ・ジョンソクについて聞かれると、「自分の役割に対して責任感が強い人。精神的にも肉体的にも辛いシーンが多く、大変な役をこなしている姿を見て、私も反省したり、いろんなことを学びました。友達としては、いたずらっ子です。俳優の時と全然違って愛らしくて可愛い友達です」と印象を語った。
ドラマでは共演者と徐々に仲良くなっていき、「みんなでいつも笑っていて、何度もNGを出して、監督に叱られた」と撮影エピソードを語り、劇中の自然なしゃっくりをファンの前で即座に披露して見せた。

<あなたもわたしもチェ・イナ>コーナー
抽選で2名と『ピノキオ』のシーンの中と同じポーズで2ショット撮影が行われ、ファンと工事現場で使うカラーコーンを頭にのせたり、お互いの手と手をおでこに触れて、ポーズを取った。

パク・シネパーティー3

『となりの美男(イケメン)』OSTから『真っ黒に』を甘い歌声でしっとり歌うと、次にキャンドルサービスを行った。真っ赤なパンツスーツを着たシネが、各テーブルを回ってキャンドルに火を灯すとファンも自然と笑顔に。最後にステージに戻ると、「ワクワクして緊張しつつ、近くに行けて良かったです。久し振りにお会いした方もいて、お話もしました」と語ると、『心配しないで、オバケです』のOSTでもあり、イ・ムンセのアルバムの中から『記憶とは愛よりも』と『相続者たち』より『Story』を透き通る歌声で優しく歌った。

<LOVE ラブ♡メッセージ>コーナー
彼からのメッセージにファンが返信を考え、どの返信がいいかシネが気に入ったものを選ぶというもの。

1題目には「君のことが頭から離れない…仕事が手に着かない」という彼からのメッセージ。
こういうメールをもらったことは?に「オプソヨ、オプソヨ、オプソヨ!(ない、ない、ない!)焼けちゃいますね~」と笑いながら素早く否定。シネ自身が考えた返信には、『嘘ばっかり!正直に言いなさい!…ブルブルブル~』と、ボードに絵文字を沢山使った可愛い文を書いて読み上げ、「こういう時は何かあるんです!」と言って会場を盛り上げた。シネが選んだ返事のファンは、なんと親子の2人。ドラマで使用したカバンと財布をプレゼントした。

<あなたの夢を叶えましょう>コーナー
当選者のテーブルでキュートなダンスを披露したり、女性をエスコートしながら手を繋いで会場を一周。いつも当選するという強運のファンには、サイン色紙を同じテーブルのファンみんなにプレゼントした。さらにドラマで着たダウンやコート、バックや財布などがプレゼントされ、家族同士で当選したり、先ほどメールの返信の答えで選ばれたファンも再び当選し、強運ファンの連続にシネもビックリ。「夜公演もドラマティックなことがあって楽しかった」と語った。

パク・シネパーティー1

「今年は頑張って大学に通ってぜひ卒業したいと思っていますが、またいい作品との出会いがあると、卒業が少し先に延びてしまうかもしれません。いずれにせよ頑張っていきたい!」と意気込みを語り、今回日本語で初めて歌うという『My Dear』をキュートに歌い、『腕枕』では、一人一人ファンを見ながらリズムを取った。
最後は『ピノキオ』OSTより『恋は雪のように』をスポットライトを浴びながら優しく歌い、会場の温かい拍手を受け「カムサハムニダ」と笑顔を見せた。

「ここ日本で、私のアジアツアーの皮切りが出来たことが、本当に嬉しく思っています。まだまだ未熟でいたらないところが多い私ですが、私の足りないところを皆さんからいただく応援と愛情で満たしていき、これから先、もっともっと素敵な、いい演技の出来る女優になっていきたいです。そして、毎年新しい作品を持って、皆さんと、いろいろな話をしたり、思い出を作っていけることが本当にありがたく、光栄だなと思っています。これからも一生懸命頑張っていきます。今年中か、来年になってしまうかもしれませんが、ぜひ、また皆さんに会いにきたいと思います。寒い冬が過ぎ、暖かい春がやってきました。皆さんにとって幸せで、温かい春といいことが沢山あることを願っています。愛しています。ありがとうございます」とファンに感謝し、暖かい声援に包まれながら手を振って笑顔でステージを後にした。

顔なじみのファンも多く駆けつけ、近い距離で和気あいあいな雰囲気での楽しいイベントとなった。爽やかで見る度にどんどん素敵な女優になっていくパク・シネ。次はどんな作品で私たちを楽しませてくれるのか期待が膨らむ。

パク・シネファンミーティング2

パク・シネファンミーティング3

パク・シネファンミーティング

パク・シネ関連グッズを見てみる!

「PARK SHIN HYE White Day Party」セットリスト

2015年3月15日(日)@品川プリンスホテル Club eX (夜公演)
1.Dreaming A Dream
2.真っ黒に
3.記憶とは愛よりも
4.Story
5.My Dear
6.腕枕
7.恋は雪のように

■ファンクラブ情報

パク・シネ 日本公式ファンクラブ “Twinkle”  http://www.parkshinhye.jp

■放送情報

パク・シネ×イ・ジョンソク主演、「君の声が聞こえる」スタッフ再集結!
青春ラブストーリー「ピノキオ」
CS衛星放送にて
3月29日(日)1話先行プレミア無料放送
4月21日(火)放送スタート!毎週(火)夜11:00~2話連続放送


この記事も一緒にどうぞ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »