超新星ユナク・グァンス登壇!『この世の果て』プレミア上映会 舞台挨拶レポート!

この世の果て
韓国を代表する人気K-POPアーティストの主演による「初恋」をキーワードに制作された、イノセントラブシリーズの3部作『愛の言葉』『二度目の初恋⁉が、やってきた』に続き、第3弾の『この世の果て』(8月2日公開)のプレミア上映会が、8月11日(月)シネマート新宿にて開催され、主演の超新星のユナクとグァンスが登壇し舞台挨拶を行いました。

立ち見が出来るほどの熱気あふれた会場、ファンの大歓声のなかステージにユナク、グァンスが登壇!

この世の果て2

この世の果て3

―まずはご挨拶をお願いします。

ユナク:『この世の果て』でドングォン役をさせていただきましたユナクです。よろしくお願いいたします。
グァンス:こんにちは。『この世の果て』でヒョックンを演じたキム・グァンスです。よろしくお願します。

―いよいよ本日、先行プレミア上映ですが、お二人は完成した映画をご覧になった時、どう思いましたか?

ユナク:そうですね、正直、韓国では映画が初めてで、どういう形で撮るのか分からなかったので、日本とは全然違うんですよ、撮り方が。逆に韓国のに慣れてなくて、どうしようと思って。これで本当に上手く出来上がるか凄い気になったのですが、グァンス君と一緒にみんなで見た時は…ワッと思って…予想外にいい作品だったんじゃないかなと思って、凄い自信を持って…(会場から子供の泣き声が聞こえると反応して)それは子供が来てるの?映画見れるんですかね~?凄い悪口とか言ってるんですが(笑)ん~なるほど。それでファンの皆さんにも、僕が一回言ったことあるんですが、「『この世の果て』という映画は自信があるからぜひ見に来てください」と言ったんです。だから今日は楽しんでください。

グァンス:監督さんとみんなで一緒に見たんですけど、ユナクんの言った通り、凄くいい作品になってると思ったし、凄く頑張って自分たちが芝居をした作品をスタッフさんが上手く編集してくださって凄く感謝してます。迫力もあり、美しいシーンもあり、個人的にカメラ、監督さんに“ありがとうございます”と伝えたいです。

―お互いの演技をどう思いましたか?
ユナク:グァンス君の芝居も予想外でした。何というか、キャラが強いから、自分の個性が溢れてる方なので…(笑)ヒョックンの役をするって聞いた時は、大丈夫かな?と心配はあったんです。でも撮影前の打ち合わせの時に台本を持って来たんですけど、凄い勉強してきて、ワーッと思って、グァンス君もこんなに勉強するんだ~って。…撮影当日に一緒に芝居したら、ワーオ!って感じで本当に芝居しやすいし、自然という感じでヒョックンじゃん!という感じで、いいなと。見た方もいらっしゃるだろうし、これから見る方もいると思うんですけど、たぶんグァンス君の芝居にビックリすると思うんです、自信あります。

グァンス:やっぱり二人が一緒に登場するシーンが多かったので、ユナクんが芝居する時に、芝居しやすかったと言ってくれたんですが、僕もドングォンのまま、自分の前に立ってるユナクんを見て、凄く芝居しやすかったし、超新星のリーダー、ユナクじゃなくて、本当に相手の俳優さんとして毎日現場に来てくれて、凄くカッコいいなと思ったんです。

―それぞれ役作りについて、監督さんからアドバイスはありましたか?

ユナク監督さんがこの映画を撮る前に、僕が除隊して全国ツアーやる時にわざわざ来てくれたんです。僕たちと「話したいと思って」と来てくれた時に、いろいろ話して「台本をちょっと変えよう」と言われて、ちょっといろいろ変えたんですけど、そのあと出来上がった台本を見たら、なるほど~さすがプロですね。という感じで。そこから流れ的に僕も演技しやすくなったし、グァンス君もそうだと思うんですけど、その監督さんは凄く積極的で情熱的にこの映画に夢中になってくれて、頑張ってくれたので、それを見るだけで凄く集中できて頑張ろうと思うじゃないですか。監督さんはそういう存在で素晴らしかったです。

グァンス:撮影する前に何回も打ち合わせしたんですが、名古屋で初めて会ったときには、「衣装のスタイルや髪形とか本当に今のままで来てくれ」と言われたんです。それを言われた時にオレ、やんちゃに見えるかな?と…(笑)と思ったのですが、何回も会って話をするうちに、ヒョックンという役は、どんな時も自分の感情を素直に表現する人だから、練習す時や撮影する時に、「何でも思い切りやってくれ」とよく言われたんです。

―ユナクさんは、ヒロイン役のチャン・ヒジンさんとロマンティックなシーンも沢山ありますが、お芝居してみていかがでしたか?

ユナク:(再び子供の声に反応し)子供がヒッ!て言いましたね、空気読んでる、素晴らしいですね~(笑)。チャン・ヒジンさんも10年以上やってる凄いプロなので、どうやって合わせていけばいいのか心配したり悩んだりしたのですが、最初の出会いからその流れに任せようと思ったんです。それで最初はチャン・ヒジンさんといろいろ話さず、会っても挨拶だけして、車や楽屋に帰ったりしたんですが、一目ぼれしなきゃいけないキャラだったから、その前にチャン・ヒジンさんの出た作品を見て、こういうキャラなんだと…フフフ(笑)把握して、そこから映画の流れに合わせたんです。それで仲良くなったらそこからいろいろ話したりしてたんですけど、やっぱりプロだなと思いました。面白いのが、この前の『無花果の森』も『この世の果て』もそうだし、相手の女優さんが、ちょうど10年も経歴を持ってるんです。みんな凄いベテランで…ハッハッハッ(笑)。

この世の果て4

この世の果て5

―グァンスさんが演じた場面は割と男性ばかりの緊迫したシーンが多かったようですが、撮影現場はどんな雰囲気でしたか?

グァンス:本当に緊迫だったんです。韓国で実力派のいろんな俳優さんたちと共演が出来て凄く勉強になったと思うし、緊迫なシーンを撮影するのに休憩時間では凄く雰囲気も良かったし、みんな仲良くなって、でも撮影に入ったらまた緊迫な雰囲気になったり、本当にプロの映画俳優の世界のいろんなことを感じたんです。

―本作はユナクさん演じるドングォンとグァンスさん演じるヒョックンが5億ウォン(日本円で約5千万円)の仕事を受けたことがきっかけで物語が動き出すのですが、もしも、お二人の手元に5億ウォンが手に入ったとしたら何に使いますか?

ユナク:とりあえず、超新星のライブにもっと力を入れたいなと思います。シングルのPVとかにもっと入れたいなと思うし、ファンの皆さんとの無料ファンミーティングとか(大歓声!)。ちょっと残ったら、ハワイでも行きたいなという気持ちがあります…でも幸せです、本当に。

グァンス:日本で車を1台買いたいです。(笑)そして残りの金は、全部『この世の果て』の映画のチケットを買って、まだ見てないミルキーウェイ(ファン)の皆さんにプレゼントしたいです。(大歓声!)(ユナク:凄いよね、そしたら…越えるよ)越えますね~(笑)

―エンディング曲で、ユナクさんが『伝えられなかった言葉』、グァンスさんが『pain』を歌ってますが、それぞれ楽曲の印象をひとことお願いします

ユナク:OSTは映画の撮影が終わってからの作業だったので、仮の歌を聞いた時に凄く映画と合うな、いいなと思ったし、凄いいい曲になったと思います。制作会社から日本語でも作ってくれると言われたのでいいなと思ったし、聞いたら切ないユナクらしいバラード曲になってると思います。聞いてみてください。

グァンス:いつも超新星の曲とか自分のソロ曲とかレコーディングする時に、もの凄くカッコつけてレコーディングしてるのですが、今回は映画の撮影が終わって、映画の最後のところのヒョックンの気持ちで、その歌詞をみんなに伝えるために頑張ってレコーディングしたので、この『pain』という曲を皆さんぜひ毎日1回ずつ(笑)聞いてください、よろしくお願いします。
.
―最後にひとことずつメッセージをお願いします。

ユナク:たぶんこれを見たら、この2人本当に頑張ったなと思うと思うし、凄くいい作品になってるんですよ。流れ的に一回も眠いとか考えないと思います。本当に自信があります。ラブストーリーなんですけど、正直僕はスタッフさんに「心配です」と言ったんです。この映画は日本の皆さんが見ると、ちょっと合わないんじゃないかな、日本の映画と全然違う形なのでちょっと心配したんですが、逆にこういう映画もあると皆さんに紹介できて、嬉しいし、見て、ツイッターとか最近見てるので、ちょっと感想とかつぶやいてください。(ファン:返事ください!)分かりました。(笑)皆さんの厳しい評価でもいいし、良かったよと言ってくれてたら…それを見て感動をもらったら(返事)書きます(笑)。分かりました。今日全部終わったら家に帰って書きます。いい作品でスタッフとグァンス君とみんなで頑張った作品なので楽しく見てください。今日来てくれてありがとうございます。

グァンス:僕、誰にも負けない映画マニアなので、いろんな映画をいつも見てるんですけど、凄いお金を使ったハリウッド映画も、もちろんいい映画だし、いろんなジャンルがあるじゃないですか、でも僕らの『この世の果て』は本当に一生懸命に芝居をして一生懸命にスタッフみんながチームを組んで作り上げた作品なので、ぜひいろんな方々に宣伝よろしくお願いします。そして今日何人か子供を連れて来てくれたお客さんがいらっしゃいますが、最後のエンディングシーンだけは子供の目を隠してください。今日、楽しんでください。

最後は「ありがとうございます」「楽しんでください」とファンの大きな声援に感謝を伝え退場。その後、上映会が行われた。

この世の果て6

この世の果て7

この世の果て8

イノセントラブシリーズ『この世の果て』
<STORY>
重い心臓病に苦しむ妹に移植する心臓を探してほしいと言う 依頼を受けた興信所の社長チャンシクは、ドングォン (ユナク) とヒョッフン (グァンス) に、ある女の拉致を指示する。 ドン グォンはターゲットの女性で、小さな島に住み、子供たちを可愛 がる分校の教師スヨン(チャン・ヒジン)を追うが、スヨンに 一目ぼれてしまう。 それはドングォンにとっての初恋だった。 ドングォンは、彼女を助けて欲しいと社長に懇願するが、社長 はそれを聞き入れない。 そしてヒョッフンは、ドングォンを殺 し、スヨンを連れて来いと社長に命令されてしまう…。

シネマート六本木にて絶賛公開中!(シネマート心斎橋は8月9日より公開)

<出 演> チョン・ユナク(超新星)  キム・グァンス(超新星) チャン・ヒジン
2014年/韓国/100分/スコープサイズ/カラー/ステレオ
監督:キム・ムンフム 製作:ヤン・グァンドク 制作:アポロンシネマ
配給:ハピネット  
(C) Apollon cinema. 2014
イノセントラブシリーズ公式HP http://innocentlove-movie.com

▼この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »