Stray Kids、大規模ワールドツアーの追加公演が韓国・ソウルにて開催! 「夢に見てきた瞬間が現実になりました!」【オフィシャルレポ】

写真提供:JYP Entertainment

今年3月にリリースしたMini Album『ODDINARY』が、K-POP史上3組目の快挙となる、米ビルボードのメインチャート「ビルボード200」で1位を記録、iTunesでは世界56の国と地域で1位を獲得するなど、全世界から注目を集める“次世代No.1ボーイズグループ”Stray Kids(ストレイキッズ)が、ワールドツアーの韓国・ソウル追加公演を開催した。オフィシャルレポートをお届けする。

写真提供:JYP Entertainment

Stray Kidsは、9月17日(土)、18日(日)の2日間にわたり、韓国・ソウルの「KSPO DOME」にて大規模なワールドツアーの追加公演「Stray Kids 2nd World Tour “MANIAC” Seoul Special (UNVEIL 11)」を開催した。
今回の公演も、チケット一般発売後に即ソールドアウト。Stray Kidsは、世界9都市19公演を巡るワールドツアーの本公演から、今回の追加公演2公演まで、なんと全ての公演がソールドアウトするという快挙を達成した。

写真提供:JYP Entertainment

約4時間にもわたるライブは、「MANIAC」、「Back Door」、「Thunderous」、「God’s Menu」など彼らの代表曲をパフォーマンスしただけでなく、10月7日(金)にリリースとなるMini Album『MAXIDENT』の収録曲も世界初披露するなど、計29曲をパワフルに歌い上げた。
フィリックスは「これまで夢に見てきた瞬間が現実になりました。皆さんと目を合わせていると、本当に夢ではないということが実感できます。この夢を叶えてくれたSTAYはいつも僕たちの1番の存在です!」と、胸いっぱいの想いを伝えた。

写真提供:JYP Entertainment

写真提供:JYP Entertainment

写真提供:JYP Entertainment

写真提供:JYP Entertainment

Stray Kidsは来月10月7日(金)、タイトル曲「CASE 143」をひっさげて、New Mini Album『MAXIDENT』をリリースする。
すでにYouTubeにて公開されたアルバムのマッシュアップ映像「Stray Kids Mashup Video」が話題を呼んでおり、さらに今作は、これまで楽曲制作を主に手掛けてきたメンバー、バンチャン、チャンビン、ハンの3人だけでなく、なんとリノ、ヒョンジン、フィリックス、スンミン、アイエンまでメンバー8人全員が楽曲制作クレジットに名を連ねていることも話題となっている。

写真提供:JYP Entertainment

写真提供:JYP Entertainment

写真提供:JYP Entertainment

写真提供:JYP Entertainment

写真提供:JYP Entertainment

写真提供:JYP Entertainment

写真提供:JYP Entertainment

写真提供:JYP Entertainment




関連記事

この記事も一緒にいかが?

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA