チャン・グンソク主演「犯罪の年代記」撮影開始!豪華な共演キャストと監督で緊張感あふれる犯罪スリラードラマの誕生に期待集まる

チャン・グンソク

写真:Craft42 Ent

チャン・グンソクの4年ぶりとなるドラマカムバック作「犯罪の年代記」の撮影がスタートした。

ドラマ「犯罪の年代記」チャン・グンソクの役柄は?4年ぶりのドラマ復帰

「犯罪の年代記」台本読み

写真:Coupang Play(先月公開された台本読み現場の写真)

8日、チャン・グンソクの所属事務所であるCraft42 Entは「チャン・グンソクが、ドラマ『犯罪の年代記』の撮影に入った」ことを明らかにした。

「犯罪の年代記」は、残酷な現在の事件を通じて過去の未解決事件の真実を暴く犯罪スリラードラマ。
3つの時間帯を通過しながら3つの事件を扱っていくと伝えられ、興味を誘っている。

写真:Coupang Play

チャン・グンソクが演じるのは弁護士特別採用で捜査1科入りした刑事ク・ドハン役だ。
正義感溢れる人物であるク・ドハンをチャン・グンソクがどのように熱演するのか期待が高まっている。

チャン・グンソクがドラマに出演するのは2018年の「スイッチ~君と世界を変える~」以来、約4年ぶりとなる。

チャン・グンソクは、8月31日に自ら作詞を手掛けたシングル「Beautiful」を日本でリリース、重厚で壮大なロックバラードでファンを虜にした。また日本のテレビ番組にも出演、流暢な日本語で機転の効いたトークを繰り広げ視聴者を楽しませた。

今月発売の雑誌の表紙にも登場!

6月には日本でファンミも開催

日本での活躍に続き、休むまもなく今度は本国・韓国でドラマの主演を務める。

「犯罪の年代記」の共演キャストは演技派揃い!監督はキム・ホンソン

「犯罪の年代記」の監督は、「ボイス」「客 ザ・ゲスト」「ペーパー・ハウス・コリア」などの大ヒット作で知られるキム・ホンソン監督が演出する。

ホ・ソンテ

写真:Coupang Play

また、Netflixドラマ「イカゲーム」のドクス役で世界にその顔と名を知らしめたホ・ソンテが、生まれつきの詐欺師ノ・サンチョン役で卑劣な悪役ぶりを演じる。

写真:ACE FACTORY(右側がパク・ミョンフン)

さらに、ノ・サンチョンと特別な縁を持つソン・ヨンジン役を映画「パラサイト 半地下の家族」やNetflix「ペーパー・ハウス・コリア」で強烈な印象を残したパク・ミョンフンが演じる。

この他にも、イ・エリヤ、イ・ソンウク、イ・スンジュン、オ・ヨンア、イ・ウォンジョンなどが共演、大ヒット作を演出してきた監督とチャン・グンソク、演技派俳優たちの掛け合わせで緊張感あふれる犯罪スリラードラマの完成を期待したい。




関連記事

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA