チャン・グンソク、約4年半ぶりの来日イベントで 日本のファンと感動の再会!【オフィシャルレポート】

©︎FRAU INTERNATIONAL

俳優や歌手としてはもちろんバラエティなどでも活躍しているチャン・グンソクが約4年半ぶりに来日し、6月3日、4日に東京ガーデンシアターにて『2022 JANG KEUN SUK FAN MEETING “We will meet Again”』を開催。2日間で1万2千人以上のファンと感動の再会を果たした。

©︎FRAU INTERNATIONAL

オープニング映像では、入隊からこれまでの空白期に本人が感じていた正直な気持ちがテキストで映し出された。
ファンに会えない不安や待っていてくれたファンへの感謝が語られ、客席からはファンのすすり泣く声も…!

そんな感動的な空気の中、ステージの幕が上がるとグンソクは感慨深そうに会場を埋め尽くすファンの姿を隅々までじっくりと見渡し、ファンの為に制作した曲、「Star」を披露。
曲の最後にはファンたちがサプライズで「おかえり」というスローガンを掲げ、グンソクも「4年半かかりました。待っててくれてありがとう!」と少し目を潤ませながらも笑顔が溢れた。

©︎FRAU INTERNATIONAL

今回のファンミーティングでは企画の段階からファンたちとのコミュニケーションを何よりも優先したいと熱望していたグンソク。
事前にファンクラブや Twitter のハッシュタグを通して募集していたエピソードに沿って、楽しそうにトークを進めた。

まだ歓声を上げることはできないため、入場時に配られたハンドクラッパーや両面に Yes,Noが書かれた紙を使い、グンソクからの質問にもファンたちが答えるなど、会えなかった時間を埋めていくようにコミュニケーションを楽しんだ。

©︎FRAU INTERNATIONAL

久しぶりのステージということもあり初日はすごく緊張していると話していたが、相変わらずの流暢な日本語とトークセンスは健在で、自身の結婚観や韓国で話題となっていたエゴマの葉論争についての見解などファンからの質問にもウィットに富んだ回答で笑いを呼んだ。

イベントの終盤では本人が直接書いてきた手紙を朗読。入隊した 2018 年から除隊、コロナ禍を経てやっとこの場に戻ってくるまでが日記のように時系列順に赤裸々に綴られており、客席では思わず涙を流すファンの姿も多く見られた。

最後は今年発売したアルバム『Blooming』のリード曲『時を駆けて』をライブ初披露。ファンに会いたい気持ちを込めて直接作詞した歌詞の世界観とも相まって感動的な空気で幕を閉じた。

©︎FRAU INTERNATIONAL

アンコールではライブの定番曲『家に帰ろう』を披露。間奏部分では「皆さんの声は全部聞こえているよ。大きな拍手や暖かい目線で全部感じるから」とファンの気持ちに応えた。

最後には「チャン・グンソクが帰る場所を作ってくれてありがとう」と幸せを噛み締めるように何度も感謝を伝え、「次はいつ会えるかな」と期待を含ませたままステージを降りた。

©︎FRAU INTERNATIONAL

©︎FRAU INTERNATIONAL

©︎FRAU INTERNATIONAL

今回の公演の模様は、DVD&PHOTOBOOKとして発売される。6月4日公演を収録したメインディスク、3日公演のダイジェストや舞台裏メイキングなどを収録したボーナスディスクのDVD2枚組と44ページのフォトブックのセットで10月26日に発売される予定だ。

2022 JANG KEUN SUK FAN MEETING “We will meet Again”

日程:
2022年6月3 日(金)19:00 開演
2022年6月4日(土)16:00 開演
会場:東京ガーデンシアター




関連記事

この記事も一緒にいかが?

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA