第35回東京国際映画祭、2022年10 月24日(月)~11 月2日(水)開催に!上映劇場は2会場拡大で上映本数も拡大予定


第35回東京国際映画祭が、2022年10 月24日(月)~11 月2日(水)にリアル開催される。

昨年から会場を日比谷・有楽町・銀座エリアに移し、プログラミング・ディレクターも替わり大きな進化を果たした「東京国際映画祭」。
今年もさらにその進化を加速していく。

まず会場が大幅な拡大をする。
10月24日(月)のオープニングセレモニーは、初の会場となる東京宝塚劇場で行われるほか、クロージングセレモニーは東京国際フォーラムホールC

上映劇場は昨年の

・角川シネマ有楽町
・シネスイッチ銀座
・ヒューマントラストシネマ有楽町
・TOHOシネマズシャンテ
・有楽町よみうりホール
に加え、
TOHOシネマズ日比谷(※昨年はクロージングセレモニーのみ使用)
丸の内TOEI、丸の内ピカデリーの大型劇場
が加わる。

これにより上映本数も拡大予定で、いよいよ本格的な展開が始まる。

また、三井不動産、三菱地所といった日比谷・丸の内地区の有力企業との連携、千代田区などの行政側との協力体制、全銀座会等の地元団体とも様々なコラボレーションなど、エリア展開も含めた街ぐるみの映画祭となっていく。

昨年からポスターのビジュアル監修はコシノジュンコ氏が担当、従来とは異なるビジュアルを打ち出したが、今年も引き続きコシノジュンコ氏がポスターを手掛け「飛躍」をテーマに躍動感あふれるビジュアルが完成した。

コシノジュンコさんコメント

映画祭はファッション、モードといったものと縁遠かった気がしますが、このビジュアルを見てもらうと映画祭に広がりができるかなと思います。ここから今年はちょっと面白いことになりそうな気がしています。今コロナで溜まった文化の爆発が起きていて、ファッションも映画もクリエイティブな爆発が楽しみです。

第35回東京国際映画祭 開催日程

■開催期間:2022年10月24日(月)~11月2日(水)
■会場:日比谷・有楽町・丸の内・銀座エリアの各映画館やホールなど
■主催:公益財団法人ユニジャパン

■開催期間:2022年10月25日(火)~27日(木)(※オンライン開催)
■公式サイト:www.tiffcom.jp




関連記事

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA