【取材レポ】JO1川尻「セクシーだった!」と言われ大照れ。YSL BEAUTYとコラボした全英語詞の『ALL HOURS』を初パフォーマンス!

6月16日(水)、イヴ・サンローラン・ボーテのブランドアンバサダーのJO1がYSL BEAUTYとコラボした全英語詞のオリジナルソング『ALL HOURS』を初パフォーマンスし、8つの公式アカウントを全てジャックしてライブ配信された。
この日は、大平祥生が体調不良で欠席ということで10人でのパフォーマンスとなった。

イヴ・サンローラン・ボーテの世界初の美肌再現ファンデーション「オールアワーズ リキッド」の発売を記念して、グローバルイベントの「YSL BEAUTY ZONE」の世界初となるバーチャルイベントが6月1日(水)~7月12日(火)まで期間限定で開催。東京の夜景にバーチャルタワーが登場し、全フロアで今を感じられるHOTなカルチャーや人気製品を体験できる多彩なコンテンツがオンライン上で展開している。

©イヴ・サンローラン・ボーテ

バーチャルタワーにはJO1からの声のメッセージも

すでにバーチャルタワーを体験したJO1。おすすめのコンテンツを聞かれた河野は「一番のおすすめはJO1の声で届けるビューティーパワーメッセージ(BEAUTY PWER OF TODAY)がおすすめです。2Fだったかな?」に2Fではなく3Fと分かり「チェックよろしくお願いします!」とアピール。隣でニコニコしていた鶴房は「ゲームや、いろいろな場所でプレゼントをいただけるということで、僕たち“お子ちゃま”なので、お子ちゃま心を持ってる方、全員GO!以上です」と早口で言うと、メンバーから「なに?(何って言ったの?)」とツッコまれ「全員でGO!、ちょっと早口で…直します」と照れくさそうに言い直した。

バーチャルタワー内最上階のROOFTOP(ルーフトップ)について聞かれた佐藤は、「ルーフトップ…初めてルーフトップって言ったんですけど」と言って笑わせ「海外のオシャレなルーフトップな感じで、夜景がすごい綺麗で、あそこで僕ライブやりたいなと思いました。あれは僕にしか似合いませんね。ソロライブやりたいと思います。」と宣言してメンバーを驚かせた。川西は「“特別”とかの言葉に僕弱いんで…気持ち良かったですね。そこでCMが流れるのは最高でした。」と満足気に語った。

川尻、自分の動画に「恥ずかしいです」


「YSL BEAUTY ZONE」スペシャル企画グローバルプロジェクトドキュメンタリーシリーズに出演した川尻。動画を見た感想を聞かれ「自分で見ると恥ずかしいです」と答えると、メンバーからの「カッコ良かった!」の声に「ほんとですか?」と嬉しそうな笑顔。「いろんなダンスへの思いも沢山お話させていただいたり、外で踊ったり雨の中で踊ったりとか、初めての経験がすごく沢山出来たので、光栄だなと思います。」と感謝を伝えた。さらにメンバーから「セクシーだった!」と言われ「恥ずかしい、ありがとうござます」と大照れ。

新商品のオールアワーズ リキッド(ファンデ)を使った感想を聞かれた木全は「肌のキメに凄くフィットして馴染んでくれるもので、美容成分が77%も入ってるので、凄いフィットする美容パックをずっとしてるような感じで、凄いいい気分」と“凄い”を連発。メンバーから「“凄い”を10回くらい言いましたね」とツッコまれ「“凄い”の10乗です!」と沢山の凄さを表現。白岩も「マスクにつかないし、マスクしてても崩れないのが本当に今の時代にぴったり。僕たちもレッスンやステージで汗かいても崩れないので、凄く助けられてるなと思います。」と使用感を絶賛した。

沢山練習した全英語詞の楽曲『ALL HOURS』

初披露する全歌詞が英語の楽曲『ALL HOURS』について聞かれた與那城はなんと得意の英語で説明。「イヴ・サンローランの世界観がこの『ALL HOURS』にインスパイアされている楽曲の中に自分の限界を超えて、PUSH THE BOUNDARIES、前向きに人生を切り開くというメッセージが込められています。パワフルさ、さらにそのカッティングでエッジなラップセクションでJO1の新しい一面をお見せできるという楽曲です。」とMCが日本語で通訳すると「Me Too!」という声があちこちから聞こえた。(笑)

次に指名された金城も「Me?」と答え(笑)「(ファンデを塗ると)一日中綺麗な肌でいられるという自信が生活の原動力になるという意味合いでメッセージに込められてるんじゃないかなと思います。個人的ですが、パワフルで疾走感がある楽曲を一日の始まりとかテストの前とか大事な日の前に聴くと一日のテンション、スイッチが入る感じがするので、ぜひ皆さんに聴いていただきたいなと思います。」とアピールした。

初の全英語詞ということで苦労したことを聞かれた河野は「発音だったり、発音が変わってくると歌い方も少し変わってきたりして、ボーカルの先生と沢山練習したり、メンバーとも部屋に集まって発音の練習をしたりとか、沢山沢山練習した楽曲になりました。」と苦労したことを明かした。英語が得意なメンバーは誰かと聞かれると與那城と河野が挙手。メンバーに発音などをアドバイスしたという。

英語が苦手という木全は「英語が出来るメンバーが作詞家さんや先生に聞いて、頑張って勉強しながらやりました。」「すぐには出来なかった感じはしたんですけど、英語のノリで楽しくカッコよく出来たなと思います。」と仕上がり具合を聞かれると「カンペキ!」と答え、メンバーから「めっちゃ日本語!」(笑)とツッコまれた。

汗をかかせる忙しい振付で伝える

振付を担当した川尻はポイントを聞かれると「(汗、水に強いファンデーションなので)汗かかせようと思いまして、ちょっと大変で忙しい汗をかくような振付を入れて、オールアワーズリキッドファンデーションの落ちなさ、というのを伝えられたらいいなとか、商品をイメージした振付というのを盛り込んでみました。」と振付のポイントを語った。

川尻のダンスに豆原は「難しかったですね。すごくカッコいい振付だなと思いました。楽曲のパワフルさをサビでみんなで揃える振付があったり、このファンデーションに合ってるような楽曲だなと感じたので、それを蓮君が作ってくれて本当に良かったですし、今後ライブとかで披露するときもあると思うので、本当に気合入れて頑張りたいと思います。」と意気込みを語った。

様々なシーンを撮影したWEB CM公開

本日公開された『ALL HOURS』を使用したWEB CMについて佐藤は「めちゃめちゃカッコよかったです」と絶賛。「車が本当にかっこよくて」と、車好きという佐藤は「めちゃめちゃ気をつけながら。本当は。傷つけちゃだめだよって、やりながら恐る恐るカッコつけてたんです。」と撮影時の裏話を明かした。與那城、鶴坊と一緒に水に打たれるシーンを撮影したという金城は「(水に)打たれても落ちない(ファンデの)上品さ、カッコよさが倍増してたなと言う感じです」と答えた。

©イヴ・サンローラン・ボーテ

ダンスシーンを撮影した川西は「人前でフリースタイルで踊ることってないので、とても緊張したんですけど、蓮さんとか、景瑚さんとか、豆さんのおかげで僕もいいものが撮れたかなと思います。」とエピソードを語った。
雨に打たれるシーンを撮影した鶴房は「まさか朝一から雨に打たれるということで寒かったですし、撮影終わったらすぐ脱いで温めてもらうみたいなことを繰り返しで」と振り返り、「それでもタオルとかにもファンデーションはつかなかったですし、プールの後くらいにびしょ濡れでもつかなくて凄いなって。ぜひ皆さんお風呂でやっていただいて良さを知っていただけたらと…」と顔を思い切り水につけるジェスチャーをすると、金城は「それ使い方には注意してください」(笑)と言って盛り上げた。

いよいよ初パフォーマンスへ

8つのSNSをジャックしてパフォーマンスを初披露の意気込みを聞かれた豆原は「昨年とは違うまた新しいJO1が見れると思いますし、1年経ってまた成長したJO1のパフォーマンスを見てほしい。僕らも気合入れて頑張りたいと思います。」白岩は「僕たちJO1の魅力、そしてYSL BEAUTYのオールアワーズリキッドの魅力が世界中の方々に届くといいなと思って頑張りたいと思います。」と意気込みを語った。

©イヴ・サンローラン・ボーテ

最後に與那城は英語と日本語で「沢山の方々に僕たちのパワーであったり、エネルギーを受け取っていただいて、僕たちこのあと踊りますので、ぜひ楽しんでいただけたらと思います。宜しくお願いします。」とファンにメッセージを伝えた。

©イヴ・サンローラン・ボーテ

©イヴ・サンローラン・ボーテ

©イヴ・サンローラン・ボーテ

その後フォトセッション、そして8つのSNSをジャックして『ALL HOURS』の初パフォーマンスを披露した。

JO1×YSL BEAUTY トークセッション動画

トークセッション動画は公開期限が過ぎたため、非公開となりました。

『ALL HOURS』パフォーマンス動画

YSL BEAUTY – JO1×YSL BEAUTY FOR ALL HOURS FOUNDATION




関連記事

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA