SHINeeジョンヒョンさんの母親が設立のビチナ財団、東方神起、FTISLAND、CNBLUEらスターの愛用品オークション開催!

写真:ビチナ財団

SHINeeのメンバージョンヒョンさんの母親が設立したビチナ財団が、5月2日から9日までスターの愛用品オークションをオンラインで開催する。

ビチナ財団がスターの愛用品オークションを開催するのは4回目となる。

今回のオークションでは、SMエンタテインメントとFNCエンターテインメントのアーティストが愛用品を提供する。
オークションの収益金の半分は山火事の被災者の支援のために、残り半分は「ビチナ心理相談センター」設立資金に使われる予定だ。

ビチナ財団スターオークション出品日程

スターの愛用品は、5月2日より以下の順番で公開される。

5月2日:少女時代ヒョヨン、EXOスホ、Red Velvetイェリ
5月3日:CNBLUE
5月4日:東方神起
5月5日:FTISLAND
5月6日:SHINee

6日にはジョンヒョンさんの所蔵品もSHINeeのメンバーと一緒に公開される予定だ。

ジョンヒョンさんの母親が設立したビチナ財団

ビチナ
ビチナ財団は2018年にジョンヒョンさんの母親であるイ・ウンギョン氏が設立した。

ビチナ(빛이나)は、韓国語で「輝く」という意味。英語表記では「SHINY」となる。

ジョンヒョンさんが所属していたSHINeeのグループ名と同様に、我が子が光り輝く道を進んでいくことを願っていた母としての思いが込められている。

イ・ウンギョン氏は過去、財団法人設立についてインタビューを受けた際、「未だに、どこかに出かけると息子の声が録音された音楽が流れていて、辛い気持ちになります。息子はこの世を去りましたが、ジョンヒョンの音楽を好きでいてくれる方々がいるということに、いつも感謝しています。ジョンヒョンは天国へ旅立ちましたが、ジョンヒョンの音楽はこの世に残っています。ジョンヒョンが残した音楽の著作権料を土台に、財団を運営していきたいと思っています」と語り、息子と同じ道を歩む若きアーティストに癒やしとサポートをしていきたいと語っていた。

ビチナ財団は、2018年12月から始まった「ビチナ芸術祭」を始め、バザーの開催やオリジナルグッズ販売、サポーター募集などを通じ、アーティスト支援や寄付など社会貢献を続けている。




関連記事

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA