BTS(防弾少年団)RM(ナムジュン)が楽曲のモチーフにしたとして話題になった韓国青春小説『ある日、僕が死にました』日本語訳本発売で話題!


BTS(防弾少年団)のRM(ナムジュン)が楽曲のモチーフにしたとファンの間で話題になった韓国青春小説『ある日、僕が死にました』が4月4日に日本で発売された。

RMが作詞作曲した「Always」という楽曲で、本書をモチーフにしたのではないかとと、ファンの間で話題になった1冊だ。

『ある日、僕が死にました』は、5か国で翻訳され、累計40万部を記録したベストセラー小説。それだけに、日本語版の出版が待ち望まれていた。

事故で死んだはずの親友・ジェジュンの日記に、「ある日、僕が死にました」の一文をみつけたユミ。
親友の死の本当の理由とは……?
交通事故で亡くなった、ある少年のニュースを見て、涙がとまらなかったという著者が書いた優しい物語は、2004年に刊行されてから、何度も再販を繰り返し、2022年の現在も韓国の若者に読み継がれている。

イ・ギョンヘ

著者のイ・ギョンヘ氏

著者イ・ギョンヘは、晋州で生まれソウルで育ち、幼い頃、部屋で多くの本を読んでいた経験から、小説家になった。
絵本から小説まで多様な文章を書き、フランス語と英語の本を韓国語に訳す仕事をしている。

『ある日、僕が死にました』

著者:イ・ギョンヘ
訳者:小笠原藤子
四六判/192p
定価:1,540円(本体1,400円+税)
発行:株式会社KADOKAWA

関連記事

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA