MAMAMOOの妹グループPURPLE KISS、韓国3rdミニアルバム「memeM」本日から配信スタート!


2021年3月15日に韓国デビューしたMAMAMOOの妹分であり超実力派新人ガールズグループPURPLE KISSが、韓国3枚目のミニアルバム「memeM」をリリースした。

今回のミニアルバム「memeM」は、“世界を紫色に染めたPURPLE KISSがリスナーの頭の中をぐるぐると回って引っ掻き回す”というクリーピーなメッセージを盛り込んだアルバムだ。

アルバムタイトルでもある「memeM」は文化的な流行を意味する「meme(ミーム)」と未知数を意味する大文字「M」の合成語で、「M」は「Mystery(ミステリー)」なPURPLE KISSが狙う「Memory(記憶)」を意味する。 リスナーたちの周りをぐるぐる(メンメン)回りながらトレンドを主導していこう、というPURPLE KISSの力強い抱負が込められている。

アルバム名と同名のタイトル曲「memeM」は、キム·ドフンを筆頭に、ヒットメーカーのソ·ヨンベやイ·フサン、前作で息を合わせてきたカン·ジウォンが参加した楽曲だ。 記憶をかき分けるかのように途中で曲調が変わりながらBPMの変化も独特なトラックとなっており「メンメンメン(ぐるぐるぐる)」という歌詞が頭の中を支配し、PURPLE KISSの魅力から抜け出せなくなる楽曲となっている。

そのほかにも、PURPLE KISSならではの神秘的で魅惑的な世界に導くような「Intro:Illusion」から始まり、何もせずとも溢れる彼女たちの素晴らしさを表現した「Oh My Gosh」、前回のアルバムのリリース時に公開した「Intro:Freaky Purky」の延長線でもある楽曲「Pretty Psycho」、恋に落ちた人の切ない感情を純粋なハングル歌詞で表現した「JOAH」、傷から立ち直る人々の姿を描いた「Hate me, Hurt me, Love me」、夢見た現実とのギャップに対する感情を淡々と表現した「Cursor」の計7曲を収録。

特に今作のアルバムはメンバーたちが楽曲制作に積極的に参加しており、メンバーのユキはラップメイキング、ナ·ゴウンは作詞に参加、チェインは自作曲を収録し、アーティストとして一層成長した姿を披露した。

また本日より、LINE MUSIC、Apple Music、Spotifyではそれぞれ配信キャンペーンがスタート。アルバムごとに成長を続けるPURPLE KISS。キュートな7人の魔女は彼女たちが染めた紫色の世界から抜け出せないように「memeM」と呪文を唱えてファンを魅了するだろう。

PURPLE KISS 「memeM」

<収録曲>
01. Intro : Illusion
02. memeM
03. Oh My Gosh
04. Pretty Psycho
05. JOAH
06. Hate me, Hurt me, Love me
07. Cursor

音楽ストリーミングサービスおよびiTunes Store、レコチョク、moraなど主要ダウンロードサービスにて配信中
※対応ストリーミングサービス:Amazon Music Unlimited/HD、Apple Music、AWA、KKBOX、LINE MUSIC、mora qualitas、Rakuten Music、Spotify、YouTube Music、dヒッツ、うたパス、SMART USEN、TOWER RECORDS MUSIC
Amazon Musicはこちら>>




関連記事

この記事も一緒にいかが?

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA