「 2021 MAMA ノミネーション 」11月4日16時45分から日韓同時放送へ!今年から審査部門と方式に変更点も

  • 2021/11/3
  • 「 2021 MAMA ノミネーション 」11月4日16時45分から日韓同時放送へ!今年から審査部門と方式に変更点も はコメントを受け付けていません


12月11日(土)に韓国にて開催される『2021 MAMA』を前に、11月4日(木)16:45より特別番組「2021 MAMAノミネーション」が日本と韓国で同時放送される。

「2021 Mnet ASIAN MUSICAWARDS (2021 MAMA)」では、グローバルK-POPトレンドを反映した大衆性と作品性を審査に反映するために、今年度から審査部門とその方式が大々的に変化する。

2021 MAMAの変更点は審査部門ごとの新しい審査方式の導入

2021 MAMAからは、多様な指標と専門審査委員たちがこの一年、K-POPの発展のために寄与したアーティストと作品を選定する部門と、グローバルK-POPファンたちが直接参加し今年のK-POPのトレンドを牽引したアーティストを選定する部門に分けて審査を行う。

大賞4つのうち3つの「今年の歌手」、「今年の歌」、「今年のアルバム」と本賞のうち歌手別、ジャンル別の授賞はK-POP関連の専門家で構成された審査委員団の審査および音源·アルバムの販売量などを基準に作品性と芸術性に焦点を合わせて評価。

大賞の4つの中の1つである「Worldwide Icon of the Year」と本賞「Worldwide Fans’ Choice TOP10」はグローバルK-POPファンの声を反映した大衆性評価で候補者と最終受賞者を決定する。

審査部門ごとの新しい審査方式の導入で、大衆性と作品性、そして芸術性評価のバランスを合わせて公平性を確保し、K-POPのトレンドをリードしてきたグローバル授賞式としての位置づけを確固たるものにしていく、というのがMnetの方針だ。

2021 MAMAではApple Musicのデータも追加

2021年からはMAMAがより世界的な音楽授賞式としての影響力を強固するという意味で、世界167地域に展開中のグローバル音源プラットフォームApple Musicのデータも追加・反映される。

昨年までは、MAMAではガオンチャートの音楽データを審査に反映していた。
今年からはK-POPのグローバル影響力を審査に積極的に反映するため、音源·アルバムの販売量にグローバル指標を追加導入することに。

2021 MAMAではK-POP専門審査委員団を補強、第三者機関

また、音楽産業に携わるグローバルK-POP専門審査委員団も多く補強。グローバルK-POPファンの性質とトレンドが審査に反映される予定だ。
収集されたデータやプロセスの検証はもちろん、審査集計まで外部の第三者機関である”サムイル PwC”が実施する。

尚、グローバル投票はWorldwide Fans’ Choice TOP 10候補を選定する候補者選出投票(Pre Vote)とWorldwide Fans’ Choice TOP 10を確定する本投票(Vote)の2回にわたって実施される。
候補選定投票(PreVote)は、「2021 MAMA」ノミネーション放送後の11月4日(木)18:00から2021 MAMA公式グローバルホームページとApple Music (プレイリスト投票)、 Twitterで行われる。

専門部門はK-POP発展に貢献した各分野の音楽専門家に対象を拡大

また、毎年アジア地域の音楽専門家を表彰してきた「専門部門」についても、今年からはK-POP発展に貢献した各分野の音楽専門家に対象を拡大される。
これは、K-POPのグローバル化と影響力の大きさを反映するという意味合いが込められている。

CJ ENMのキム·ヒョンス音楽コンテンツ本部長は「過去12年間、K-POPのグローバルミュージックハブとしての役割を果たしてきたMAMAが、グローバル音楽市場の変化に伴うトレンドを反映するため、授賞部門と方式を変更しました。グローバル授賞式での公平性を確保するために、今年から徐々に変化していく計画です」とコメントしている。

特別番組「2021 MAMAノミネーション」は、 日本では11月4日(木)16:45からオ·サンジン、 チャン·イェウォンの進行でMnetで日韓同時放送&配信される。

\登録後、約30分でMnetを満喫!/

「2021 MAMA ノミネーション」放送日時

2021年11月4日(木)16:45~
※日本語字幕なし

12月5日(日)19:30~
※日本語字幕版がオンエアされる予定
※放送日時・内容が都合により予告なく変更になる場合あり




関連記事

この記事も一緒にいかが?

コメントは利用できません。