ASTROの舞台パクリ疑惑に「2021 THE FACT MUSIC AWARDS」が公式に謝罪

写真:ASTRO・ムンビンの舞台(上)と嵐・大野智の舞台(下)

ASTROの舞台が嵐の大野智の披露したパフォーマンスに酷似しているとして浮上したパクリ疑惑について「2021 THE FACT MUSIC AWARDS」が公式に謝罪した。

4日、「2021 THE FACT MUSIC AWARDS」は公式ホームページに謝罪文を掲載した。

「2021 THE FACT MUSIC AWARDS」謝罪文

写真:「2021 THE FACT MUSIC AWARDS」公式サイト

「2021 THE FACT MUSIC AWARDS」謝罪文和訳

こんにちは。「2021 THE FACT MUSIC AWARDS」組織委員会です。

去る2日に開催された「2021 THE FACT MUSIC AWARDS」で披露されたグループASTROのステージの中で、ムンビンのソロパフォーマンスが日本のグループ嵐の過去のステージと一部類似しているとの指摘がありました。

組織員会が確認した結果、今回のステージはムンビンの魅力を最大に活かすべく、授賞式の制作と演出を担当したBOXMEDIA(ボックスメディア)の演出チームが企画し、アーティスト側に提案して進められました。コンセプトを企画する過程で、もう少し細かく関連内容をチェックできなかった制作会社の明白なミスです。

この件でASTROとファンの皆さまにご不便をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。

「2021 THE FACT MUSIC AWARDS」組織委員会と制作会社BOXMEDIA(ボックスメディア)は今回のミスに対する責任を痛感し、今後このような恥ずべき事態が起きないよう、全制作過程をより丁寧にチェックしていきます。

改めてご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

ASTROは「2021 THE FACT MUSIC AWARDS」で「今年のアーティスト賞」を受賞、ステージでパフォーマンスを披露したが、ムンビンが操られるパフォーマンスが、嵐が「ARASHI LIVE TOUR 2017-2018[untitled]」のコンサートで披露したパフォーマンスと似ているとの指摘が相次いだ。

嵐のコンサートのステージでは、大野智がマリオネットのように操られるダンスを披露していた。

パクリ疑惑が浮上すると韓国のオンラインコミュニティでは両方のパフォーマンスを比較する映像が出回り、ネット上には賛否両論の意見が噴出した。

ASTROの舞台

嵐の舞台

(※40分すぎから大野智が登場)

「マリオネットのような演出なんて腐るほどありそうだ」「曲まで似ているのは意図的にしか見えない」「お互いに良いものを取り入れていけばいいんじゃない?」「日本の真似をするとは恥だ」「これは国の恥だ」「どう見ても大野の舞台を参考にしたとしか思えない」「流石に似すぎてこれはムリ」「ムンビンに罪はないのに悪く言われるのは悲しい」など様々なコメントが書き込まれ、韓国のメディアでも取り上げられていた。




ページ上部へ戻る