【取材レポ】JO1 豆原が無礼講MCに挑戦 4THシングル『STRANGER』リリース記念オンラインショーケースイベント開催

©LAPONE ENTERTAINMENT

グローバルボーイズグループ”JO1 (ジェイオーワン)“が、8月18日(水)に発売される4THシングル『STRANGER』のリリース記念オンラインショーケースイベントを7月31日(土)に開催した。

今回のショーケースイベントは、タワーレコードで予約した購入者が招待された発売前のPRイベント。前日に先行配信されたMVが早くも100万回再生突破した『REAL』をはじめ、イヴ・サンローラン BEAUTY「リブレ」のCMテーマソング『Freedom』、MBSドラマ特区「ラブファントム」オープニング主題歌となった『Dreaming Night』の3曲を披露した。

©LAPONE ENTERTAINMENT

アルバムリード曲『REAL』について與那城は「まだ見ぬ自分を新たに発見していこうというのがコンセプトです」と説明。自分のどんな一面が発見されたか?と聞かれた金城は「おおらかな感じでより優しくなった感じです」と言うと、メンバーから「いつもと真逆!」ツッコミが入った。

©LAPONE ENTERTAINMENT

今回の特徴的なダンスに抱き合うような「ハグダンス」というのがあり、メンバー同士のハグに抵抗はなかったか?と聞かれた白岩は「…ないですよ」と答えると、周りから「間があったね今!」とツッコまれるが「誰とハグしてもいい関係が出来てます」と自信を見せた。ダンスを見せてほしいと言われたセンターを務める川西は、初めて組むという白岩を指名しハグダンスを披露して見せた。

©LAPONE ENTERTAINMENT

『REAL』のキレのあるパフォーマンスを披露すると、曲にちなんで、質問に全て「いいえ」で答え、嘘だと思われたらウソ発見器の真実の口に手を噛まれるというコーナー。與那城、木全、大平、鶴房が呼ばれ、真実の口に手を入れるが、トップバッターの與那城だけが電流モードになっていたようで悔しがる與那城だった(笑)。

続いて『Freedom』にちなんで、自分より年下のメンバーには敬語、年上にはため口で話すという無礼講タイムでは、一番末っ子の豆原がMCとなってメンバーに楽曲の質問をした。

豆原は、白岩を指名する時にいきなり「ルキ君!」と言ってしまうが、白岩の回答に「もうちょっと王子様っぽく答えないとダメですね」とダメ出し(笑)。佐藤には「ドカンと笑えるエピソードは?」と聞くと、MV撮影時、待ち時間があり、やっと撮影するという時に與那城がトイレに行ったことを挙げ、「申し訳ございませんでした」と謝る年長の與那城。河野には『Freedom』の曲フリをお願いすると、いつもと違う落ち着いた話し方で紹介するなど、メンバー同士ぎこちない話し方となっていた。

©LAPONE ENTERTAINMENT

洗練されたパフォーマンスで『Freedom』を披露すると、『STRANGER』の収録曲『ICARUS』について聞かれた鶴房は「伝説の『MONSTAR』のアンサー曲です」と紹介。どんなメッセージが込められていますか?と聞かれた川尻は「イカロスの翼のように、いつか儚く散ってしまう夢と分かっていても…切なくも力強い…」と体を使ってミュージカル風に表現。隣にいた佐藤から「すべってるぞ蓮!」とツッコまれると「もう無礼講終わってるんだよ」と返す川尻(笑)。

『Blooming Again』について聞かれた川西も体で表現しようとするが上手くいかず(笑)「もう一度咲き誇るというメッセージが込められて、とても感動する楽曲になってます」と説明。おすすめポイントに金城は「個人的に好きなパートがあって、拓実君の“~覚えてて、主役は君~”というところが好き」と答えた。

©LAPONE ENTERTAINMENT

『Dreaming Night』について大平は「僕たち、初のドラマの主題歌で、夢が覚めても覚めないままでいたいという可愛い曲になってます」と説明。ドラマの主題歌になると聞いた時は「めちゃめちゃ嬉しかったです。皆さんに愛されてほしい」と豆原。秘密の恋を描いたというドラマと曲がリンクする部分は?と聞かれたメンバーいち大人ということで指名された與那城は「大人な~感じが~してるんで~皆さんも楽しんでください」と大人感(笑)を出して説明。河野は「“おやすみダンス”というのがあって、みんな真似出来るので沢山おやすみしてください」と、『Dreaming Night』を披露した。

©LAPONE ENTERTAINMENT

©LAPONE ENTERTAINMENT

©LAPONE ENTERTAINMENT

キュートなパフォーマンス後は、夏の小道具を使って互いに写真を撮りあったり、7月29日に23才になった佐藤のバースデーをサプライズで祝ったりと和気あいあいな11人。
誕生日を祝ってもらった佐藤は「23才は自分で出来ることを増やしたい。音楽や作詞作曲やデザインだったり、いろいろやっていきたい」と抱負を語った。

今回『REAL』のMVが解禁から24時間以内で100万回再生を突破したということで、公約にしていた『STAY』SUMMER VER.のMVを公開することを報告。佐藤が監督で、大平、金城、白岩の4人で夏らしいMVを制作中だという。さらに、3thシングルに引き続き、今回の4thシングルでも動くデジタルトレーディングカードもリリースされることが発表された。

最後は1人ずつコメントして終演となった。

©LAPONE ENTERTAINMENT

佐藤「ありがとうございます。幸せです。最近また寝言を撮りだしたんですけど、本当に面白いです。また(SNSで)お見せします。楽しみに待っててください。

川尻「今日は大事な時間を僕たちのために開けてくれて本当にありがとうございます。僕たちも楽しかったですし、皆さんも楽しんでいただけてれば本当に嬉しいです。ステージでパフォーマンス出来るのも、大事なメンバーが誕生日を迎えれたのもJAMの皆さんのおかげですので、これからもずっとそばで応援してください。大好きです、ありがとう!」

白岩「今日こうやって無事に11人揃ってステージに立っていることを、そして見てくださっている待ってくださっている皆さんがいることをあらためて幸せに思います。これからも健康第一にお互い一緒に歩んでいきましょう!頑張りましょう、ありがとうございました。」

豆原「今日は見てくださってありがとうございました。4thシングルも僕たち、めちゃめちゃ頑張って制作したので、沢山聞いていただけたらと思います。そして2021年も半分なので、みんな盛り上がっていきましょう、ありがとうございました!」

木全「今日は見てくださってありがとうございます。Youtubeの再生も100万回いってもらって本当に嬉しいですし、またみんなとちゃんと会場で会えたらいいなって思ってます。そして待ってます。また会いましょう。」

川西「見ていただいてありがとうございます。楽しんでいただけるかなと思います、シングル、4th、ストレンジャー。何度も言ってるんですけども、健康に気を付けて健康第一でお互い頑張りましょう。ありがとうございました。」

鶴房「シングルを出す度にこうやってショーケースをさせていただいて、本当にありがとうございます。いつか有観客で出来ることを願っております。」

大平「いつも応援してくださりありがとうございます。『REAL』の100万回再生本当に感謝の気持ちでいっぱいです。僕らが返せるのは、パフォーマンスを全力で返すことだと思うので、これからもステージに立てるように、皆さんに恩返し出来るように頑張っていくので応援してください。ありがとうございます。」

©LAPONE ENTERTAINMENT

河野「今日ほんまに幸せな一日でした。ショーケースもやらせていただいて、(佐藤)景瑚の誕生日も祝えて、『REAL』も100万回再生を1日で突破することが出来て、ほんまに幸せやなって思います。僕たちも幸せを返さないと、もっともっとマニマニキデジュセヨ(ここで鶴房から韓国語指導が入り(笑)もう一度)ほんまに幸せでした、幸せをキデヘジュセヨということで。よろしくお願いします!」

金城「今日は短い時間の間でしたが、本当に楽しめて、ありがとうございます。JO1のメンバー11人が元気に活動出来てるのも、日々応援してくれてるJAMのおかげでもあるし、サポートしてくださってるスタッフの皆さんのおかげでもあるので、これからももっと感謝をして、もっと大きな舞台で僕たちのパフォーマンスをお見せできたらいいなと思っていますので、それまで11人をよろしくお願いします!」

與那城「今日見てくださったJAMの皆さん、本当にありがとうございます。こうやって4thシングルを出せたこと、このような素敵なステージでパフォーマンスが出来たこと全て、何をとってもどこをとってもJAMの皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。あとでメンバーに真実の口電流バージョンをやらせます。」(全員笑)

『STRANGER』


発売日:2021年8月18日(水)
形態数:3形態(初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤)




ページ上部へ戻る