キム・キュジョン、新所属事務所 FCENMと専属契約締結

キム・キュジョン

写真:FCENM

キム・キュジョンがFCENMと専属契約を締結した。

今月8日、FCENMはキム・キュジョンとの専属契約を結んだことを発表した。

FCENMの関係者は、「キム・キュジョンと縁を結ぶことができて嬉しく思います。キム・キュジョンは歌手と俳優の両者をこなせる万能エンターテイナーとして、今後の活動が大いに期待されています。(当社はキム・キュジョンに対する)全幅的なサポートを行っていく予定です。たくさんの関心と応援をお願いします」とのコメントを伝えた。

FCENMは、オンラインコンサートやファンミーティングをこれまで400回以上実施しているFCLIVEというオンラインプラットフォームを持つチケット販売システム及び会場を運営する会社で、現在、多くのK-POPアーティストと業務提携を結んでいる。

キム・キュジョン

写真:FCENM

SS501のメンバーであるキム・キュジョンは、SS301のメンバーとしても活動。
MBCドラマ「イモン」でソン・ジュンス役を演じるなど俳優活動にも力を入れており、最近は映画「この中に宇宙人がいる」で主演を務めた。

また、ソロ歌手としても活動を続け、アルバムリリースやオンライン公演などで安定した人気を誇っている。




ページ上部へ戻る