元B.A.P ヒムチャンに自殺未遂報道…幸い命に別状なし

B.A.P出身のヒムチャン

写真:ヒムチャンのInstagram

B.A.P出身のヒムチャンが自宅で極端な選択を試みたが、幸いにも命には別状がないことが明らかになった。

韓国メディアの報道によると、ヒムチャンは13日未明、自宅で自殺を図ったという。

同日、ヒムチャンは自身のインスタグラムに長文を掲載し、ファンに謝罪の気持ちを伝えていた。

この投稿文の最後には「皆さんが無事に、幸せに過ごすことを願っています。さようなら。今までありがとうございました」という意味深な文章があったため、これを見たヒムチャンの知人らが心配してヒムチャンの家族に連絡を取り、幸い大事に至ることはなかった。

現在は、自宅で安静に過ごしていると韓国メディアは報じている。

ヒムチャンは、今年2月に強制わいせつ容疑の1審裁判で懲役10か月、40時間の性暴力治療プログラム履修命令などを命じられたが、控訴して現在も裁判が継続中だ。

また、裁判中の2020年10月26日には飲酒運転で交通事故を起こして摘発され、世間のバッシングを浴びた。ヒムチャンが飲酒運転で摘発されたのは、新アルバムリリースの翌日だったことから当時、ファンからも厳しい声が上がっていた。

関係者は「ファンの期待に応えることができなかったヒムチャンが、自身の行動でファンを失望させたことについて、申し訳なく思っている」とコメントした。

B.A.P来日時の写真と動画

2017年には胸の疲労骨折でも舞台に立ったことも…




ページ上部へ戻る