チャン・グンソク、新曲「Emotion」で日本の音楽チャートを席巻!

チャン・グンソク

写真:チャン・グンソク「Emotion」

チャン・グンソクが、「アジアプリンス」の代名詞にふさわしい底力を見せつけた。

今月19日に「Emotion(エモーション)」を先行配信したチャン・グンソク。

同曲が日本のLINE MUSICリアルタイムチャート1位を席巻した。

チャン・グンソクは、今年3月にリリースしたデジタルシングル「Star」に続き、再びLINE MUSICのリアルタイムチャート1位の記録となり、日本での変わらぬ人気を誇った。

「Emotion」は、19日と20日の2日間、LINE MUSICリアルタイムチャートはもちろん、デイリーチャートでも1位を記録した。
これは韓国男性ソロアーティストとしては異例の成績で、チャン・グンソクの音楽的変身や爆発的な話題性をメディアが報じた。

さらに、本日26日には日本のiTunesに初登場後、リアルタイムチャートで1位を記録し、驚きの成績を続けた。

チャン・グンソクの新曲「Emotion」は、チャン・グンソクが直接作詞に参加したことでも話題になっている。
大人の男性美とセクシーさが感じられる楽曲で、30代を迎えより一層成熟したチャン・グンソクの魅力を感じることができる。

チャン・グンソクの所属事務所は「チャン・グンソクは着実な活動を通じて、演技はもちろん音楽的スペクトラムまで広げながら、日本をはじめアジアのファンに広く愛されている」と伝えた。

シングル「Emotion」は本日発売となった。
チャン・グンソクは、現在、多数の作品の提案を受け次回作を慎重に検討中とのことで、ファンは俳優としてカムバックにも期待を寄せている。




ページ上部へ戻る