TO1にグループ名を改名のTOO、「JO1の兄弟グループか?」のツッコミも…

TO1

写真:STONE MUSICエンターテインメント

TOO(ティーオーオー)がグループ名をTO1(ティーオーワン)に変更することを発表、ファンクラブ名も同時に変わることになった。

29日、TO1のマネジメントを担当するSTONE MUSICエンターテインメントは「TO1は新しいグループとして生まれ変わりました。グループ名だけでなく、完全に変化する彼らの今後の活動にたくさんの期待をお願いします」とのコメントを伝えた。

TO1

写真:KCON:TACT3」

前日の28日に「KCON:TACT3」の最終日でステージに立ったメンバーは、同公演で、グループ名変更をファンに報告した。

新しいグループ名のTO1には「Together as One(僕たちは1つとして存在する)」という意味と、「TO1として1つになっていく」という意味が込められているという。

グループ名変更に伴い、ファンクラブ名も従来の「TOOgether」から「TOgether」に変更になる予定だ。
「O」がひとつ減ることについては、「Together(※ファン)と永(※0/韓国語で永遠の永は「ヨン」でゼロと同じ発音)遠に共ににする」という意味づけがあるという。

写真:Mnet「TO BE WORLD KLASS」

TOOは、サバイバル番組「TO BE WORLD KLASS」から誕生した10人組のボーイズグループ。

グループ名TOOは「Ten Oriented Orchestra(10の東洋の価値観を目指すオーケストラ)」の略語に由来している。

2020年4月1日に1stミニアルバム「REASON FOR BEING: 仁」でデビューしたが、わずか1年でグループ名とファン名を一新することになった。

グループ名をTO1に変更したことに対してネット上では、サバイバル番組「TO BE WORLD KLASS」がMnetで放送されていたことと、JO1の所属事務所のLAPONEエンタテインメントがCJ ENMと吉本興業ホールディングスによって設立されたこと、さらにグループ名が「T」と「J」の一文字違いであることから、「JO1の兄弟グループか?」とのツッコミの声も上がっているようだ。

JO1のグループ名の由来はこの記事を参照

JO1のメンバー名と最終順位はこちら




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません