GOT7再契約なしで全員契約満了 メンバー各自の道へ…昨年6月には日本公式ファンクラブ終了の発表も

GOT7

写真:JYPエンターテインメント

JYPエンターテインメントがGOT7のメンバーと再契約せず、契約満了となることを発表した。

11日、JYPエンターテインメントは「当社は、来る1月19日、所属アーティスト『GOT7』との専属契約満了を前に、メンバーたちと話し合いの場を持ちました。そして、最終的により新しい未来を願い、合意の下で再契約は行わないことになりました」と、契約満了が決定したことをを明らかにした。

続いて、「GOT7は2014年1月16日にデビューした後、約7年間、K-POPを代表するグローバルアイドルグループとして大活躍しました」とし、「K-POPとJYPの成長を共にしてくれたGOT7、デビューとともに惜しみない声援でGOT7の活動の原動力となってくださった『I GOT7(アガセ)』をはじめとするすべてのファンの方々に心から感謝の挨拶をお伝えします」とファンへの感謝の気持を伝えた。

そして最後に、「公式的な縁は終わりますが、JYPは今後GOT7のメンバーが進む新たな未来を心から応援します」とした。

これにより、第35回ゴールデンディスクアワードが、GOT7として最後のグループ活動となった。

GOT7は、昨年6月に日本公式ファンクラブ終了が発表され、ファンの間で解散するのではないかと心配する声が上がっていた。

GOT7メンバーのマークが心境をTwitterでつぶやく

2019年MAMAレッドカーペットに立ったGOT7のメンバーたち

2014年GOT7 初の日本ツアーファイナル公演取材レポ




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません