磯村勇人「やっぱり目力がすごい」カン・ドンウォンの演技力を称賛!映画『新感染半島 ファイナル・ステージ』と「ドライブインお化け屋敷」のコラボを体験


12月21日(月)ゾンビ映画が大好きという今年大ブレイクした最も旬な俳優、磯村勇人(28)を迎えてトークイベントが行われ、「ドライブインお化け屋敷」で大量のゾンビ隊に襲われるリアル体験とゾンビ愛溢れるトークで映画をピーアールした。

MCの有村崑の呼び込みで磯村勇人が映画のイメージに合わせた真赤な上着を着て登壇。

先に映画を見た磯村は「手に汗握りましたね。今回出てくるゾンビは何と言っても速い!それだけですごい恐怖を感じて…さらに夜になると見えないので音に敏感になるという設定もあって、細かいところもゾンビ好きとしては楽しく見れました。」また、前作と比べて「いい意味で裏切られましたね。監督、そっちできたか!っていうくらいテイストを変えて。ヨン・サンホ監督って枠にとらわれずに挑戦していく人なんだなと思いました。スケールが大きくなったなという印象」と大絶賛。

注目するゾンビのシーンに「悪者がゾンビをおもちゃのようにしているシーン」をあげ、「人間のエゴみたいなところをより引き立てたのかなと思って面白くみさせていただきました。」とゾンビ好きならでは目線で答えた。

役者から見た主演のカン・ドンウォンについて聞かれると「すごい格好いい、やっぱり目力がすごい。何も喋ってなくても、危機的な状況にいるけど前を見ていかなければいけないんだというのが伝わってくる表情と目がすごく素敵だなと思います。」と演技力を称賛した。

今年は多くの話題作に出演し大ブレイクした磯村は「1年を振り返っていかがでしたか?」と聞かれると「俳優としてどうやって届けていけばいいんだろうと悩んだりする期間もあった」とし、「自分たちは見てくれる方たちがいるからこそ頑張れるというところに希望を持って一生懸命やってきたので、ドラマの放送も終わりましたが、沢山の人に見ていただいて、暗い年だったのかもしれませんが明るくなってもらえたんじゃないかなと思ってます。」と今年を振り返った。

来年については「サウナ好きなので、熱波師の資格を取りたいなと思ってます。」と答えるほどサウナ好きでもあり、MCの有村も同じくサウナ好きとあってサウナトークになる場面も。

「もしゾンビ映画を撮るならどんな役がいいか?」と聞かれると「ゾンビ側なら自我を持って人間に戻ろうとするゾンビ役がやってみたい」「ゾンビが主人公の映画を見てみたいです」とゾンビ愛溢れる磯村。この日ひと足早く「ドライブインお化け屋敷」とのコラボを体験したということで、ここでゾンビ隊と一緒にフォトセッションへ。


フェイスシールドを付けたゾンビたちが現れ、磯村の乗る車を囲んだり、ステージでは徐々にゾンビポーズになるほどゾンビに囲まれ嬉しそうな磯村だった。

最後は「続編でありながらまったく違う作品で、ゾンビ好きにも初めての方も楽しめる映画」「こういう時期ですからお正月、家族、お友達、恋人と一緒に感染予防をしっかりして新感染半島を見ていただきたいと思います。」と映画公開をピーアールして締めくくった。

ドライブインお化け屋敷 新感染半島 ゾンビバージョン」

【場所】東京タワー フットタウン1階 (東京都港区芝公園4-2-8)
【日程】2020年12月30日(水)~2021年1月3日(日)
料金:1チケット(車一台):9000円(税込) ※予約制
平日 17:00~21:00  休日 11:00~21:00
予約専用ページ https://kowagarasetai.com/drive-in-tokyo/

映画『新感染半島 ファイナル・ステージ』


監督:ヨン・サンホ『新感染 ファイナル・エクスプレス』
出演:カン・ドンウォン、イ・ジョンヒョン、クォン・ヘヒョ、キム・ミンジェ、ク・ギョファン、キム・ドゥユン、イ・レ、イ・イェオン
配給・宣伝:ギャガ パブリシティ:スキップ
コピーライト:©2020 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILMS.All Rights Reserved.
英題:PENINSULA/ 2020年/韓国/カラー/116分/字幕翻訳:根本理恵/映倫:G
2021年1月1日 TOHOシネマズ日比谷 他 全国ロードショー




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません