カン・ソラ、一般男性と結婚を発表

カン・ソラ

写真:カン・ソラのInstagram

カン・ソラが、一般男性と結婚する。

17日、カン・ソラの所属事務所であるPLUM A&Cは、「カン・ソラが年上の一般男性と結婚をすることになりました」とカン・ソラの結婚のニュースを伝えてた。

PLUM A&Cは「一般人のお相手と両家の家族に配慮し、詳細について非公開とします」とした。

結婚後も女優活動は続ける予定で、「今後、良い作品でご挨拶します」とした。

結婚式は今月29日の予定だったが、ここ数日で、ソウルと首都圏での新型コロナウイルスの感染者が急増したことにより挙式はキャンセルすることになった。
代わりに結婚当事者と両家の家族だけが参加する小規模な席を設ける予定とのことだ。

2009年に映画「40minutes」で芸能界デビューしたカン・ソラは、2011年にカン・ヒョンチョル監督の映画「サニー 永遠の仲間たち」で少女時代のハ・チュナ役を演じ、注目を浴びた。

以後、ドラマ「ミセン ~未生~」、「幸せのレシピ~愛言葉はメンドロントット」。「町の弁護士チョ・ドゥルホ」、「ピョン・ヒョクの恋」などに出演し人気を集めている。

2016年にはヒョンビンと交際中であることを認めビックカップル誕生として大注目を集めたが、2017年に破局を公表した。




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません