映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』でのK-POPグループiKON(アイコン)の出演の仕方が話題に!


全国344館で公開され、大ヒット公開中の映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』。

長澤まさみ主演、人気ドラマの劇場版第2弾は7月23日(木)に公開初日を迎え、舞台挨拶は全国201館の劇場で生中継された。

週末の映画動員ランキング(興行通信社調べ)では動員28万6000人、興収4億500万円となり、前作の『ロマンス編』を上回るスタートとなった。

2013年当時の長澤まさみの健康的な美脚が眩しいミニスカ写真複数枚も

そんな大ヒット映画への、人気ボーイズグループの出演の仕方が話題となっている。

そのグループとは、韓国の男性6人組ボーイズグループ「iKON(アイコン)」。

2015年にBIGBANG、BLACKPINKなど人気アーティストを擁するYG ENTERTAINMENTからデビューし、2017年には海外アーティスト本国デビューから史上最速となる1年9ヶ月でのドームツアーを開催するなど、日本でも人気のグループだ。

今回劇中のある出演者が熱狂的K-POPファンという設定で、iKONのポスターなどが使われており、7月24日(金)にiKONの日本オフィシャルHPにて

“公開中の映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』にiKONファンが出演!?
※メンバーは出演しておりません”

と突然の発表がありファンを驚かせた。

SNS上では、劇場で映画を観たと思われるファンからの驚きと喜びの多くの書込みが見受けられた。

「コンフィデンスマンJPプリンセス編見てきたら、まさかのiKONが映ってめっちゃ驚いた!」

「iKONのポスターとかグッズ出てきて嬉しくなった!エンドロールにもちゃんとiKONの名が!」

本来であれば、4月から『iKON JAPAN TOUR 2020』で来日予定だったが、コロナウイルスの影響で開催が延期になってしまい、悲しい思いをしていたファンには、意外な映画出演の仕方が突然の嬉しいサプライズとなった。




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません