イ・ヨンエ 14年ぶりの映画復帰作!『ブリング・ミー・ホーム 尋ね人』9月18日(金)より新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開

ブリング・ミー・ホーム 尋ね人
『親切なクムジャさん』以来、14年ぶりのスクリーン復帰を果たしたイ・ヨンエの主演作『ブリング・ミー・ホーム(英題)』の邦題が、『ブリング・ミー・ホーム 尋ね人』に決定、9月18日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開される。

韓国で記録的高視聴率を獲得し、日本を含むアジア全土で大ブームを巻き起こしたドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」(03)で一躍国民的スターとなったイ・ヨンエ
私生活での結婚、子育てを経て、パク・チャヌク監督作『親切なクムジャさん』(05)以来14年ぶりのスクリーン復帰作となったのが、愛と復讐の母性サスペンス『ブリング・ミー・ホーム 尋ね人』だ。


イ・ヨンエ

本作でイ・ヨンエが演じるのは、6年前に失踪した息子を捜し続ける看護師のジョンヨン。
目撃情報をたよりにたどり着いた漁村で出くわした怪しげな一家に阻まれながらも、真実を追い求めて粘り強く我が子を探し続ける母親を演じている。

14年ぶりの復帰作となった本作について、イ・ヨンエは「緻密で完璧な演劇の台本を読んでいるようだった」とコメント、さらに「思いがけず長期間、女優の仕事を休んでいた私にとって、長い間待った甲斐のある作品だと確信した。本当に観てもらいたいと思える作品です」と製作報告会で語っている。

監督は、イ・チャンドン監督作『シークレット・サンシャイン』(07)などにプロダクションアシスタントとして参加し、本作で長編劇映画デビューを果たしたキム・スンウ。

さらに、話題沸騰中のドラマ「梨泰院クラス」のユ・ジェミョン、7月より日本でも放送開始のドラマ「夫婦の世界」のパク・ヘジュンら実力派俳優たちが脇を固めた。

今も世界各国で起こり続ける行方不明事件、児童労働といった現代社会の闇を背景に、一級のサスペンス・エンタテインメントに仕上げた手腕は、ホ・ジノ監督(『八月のクリスマス』)から「最初から最後まで一瞬も目が離せない!」と絶賛され、トロント、シカゴ、ロッテルダム、香港など世界各国の国際映画祭でも高い評価を受けた。

日本での公開日決定に併せて、ポスタービジュアルと予告編が完成!
「その日まで、笑顔は封印した。」というコピーとともに、まっすぐ前を見据えたイ・ヨンエに重なるように、息子の捜索チラシが浮かび上がるビジュアルが完成。予告編では、怪しげな一家に怯えながら息子を捜す序盤から一転、後半では力強く彼らに立ち向かっていくジョンヨン(イ・ヨンエ)の様子が映し出されている。

イ・ヨンエ

イ・ヨンエ

『ブリング・ミー・ホーム 尋ね人』あらすじ

看護師として働くジョンヨン(イ・ヨンエ)は、夫ミョングク(パク・ヘジュン)と共に、6年前に失踪した息子ユンスを捜し続けていた。

捜索途中に起こった悲劇的な事故の後、憔悴しきった彼女の元に「ユンスに似た子を、郊外の漁村で見た」という情報が寄せられる。
しかし、漁村へとやってきたジョンヨンの前に立ちはだかったのは、釣り場を営む怪しげな一家だった。

口を閉ざす村の人々、非協力的な地元警察。この村は何かがおかしい…。

『ブリング・ミー・ホーム 尋ね人』

監督・脚本:キム・スンウ(第一回監督作品)
出演:イ・ヨンエ(『親切なクムジャさん』「宮廷女官チャングムの誓い」)
ユ・ジェミョン(「梨泰院クラス」「秘密の森」)
イ・ウォングン(「グッド・ワイフ」)
パク・ヘジュン(「夫婦の世界」『毒戦 BELIEVER』)
英題:BRING ME HOME
2019年 / 韓国映画 / 108分
字幕翻訳:朴澤蓉子

9月18日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
配給:ザジフィルムズ/マクザム
(c) 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません