ロイ・キム、5月27日に新曲発表後→6月10日に海兵隊入隊

ロイ・キム

写真:Stone Musicエンターテインメント

来月海兵隊への入隊を控えたロイ・キムが、新曲を発表する。

ロイ・キムの所属事務所であるStone Musicエンターテインメントが今月22日に明らかにしたところによると、ロイ・キムは27日に自作曲の新曲を発表した後、6月15日に慶尚北道(キョンサンプクド)浦項(ポハン)海兵隊教育訓練団に入所する。
ロイ・キムの新曲発表は2018年9月の「The Hardest Part」以来1年8ヶ月ぶりとなる。

Stone Musicエンターテインメントは、「ロイ・キムが自分ならではの感性で書き下ろした自作曲で、真心を込めている」と新曲について明らかにした。
新曲のタイトルはまだ未公開で、発売日に合わせて公開される予定だ。

ロイ・キムは2012年にMnetのサバイバル番組「スーパースターK4」で優勝後、翌年「春春春」で正式デビュー、同曲は大ヒットを記録し、毎年春になると聴きたくなる曲として人気を集めた。

しかしその後、同じ「スーパースターK」出身の歌手チョン・ジュニョンを含むグループチャットで違法撮影写真を共有した疑いで、昨年4月に立件された。

警察の取り調べを受けたロイ・キムは今年2月、犯罪の容疑は認められるが、性格、年齢、犯罪の軽重(けいちょう)、発覚後の状況などが考慮され、公訴を提起しない起訴猶予処分を受けた。




ページ上部へ戻る