イ・ミンジョン、梨泰院パーティー参加疑惑を公式に否定「清潭洞ブランチカフェでプレゼントを渡しただけ」

イ・ミンジョン

写真:イ・ミンジョンのInstagram

女優イ・ミンジョンが新型コロナウイルス感染者が出た梨泰院(イテウォン)で行われた誕生日パーティーに出席したという疑惑について、「歪曲された部分がある」と釈明した。

イ・ミンジョンの所属会社であるMSteamエンターテインメントは20日午前、「まず、新型コロナウイルスにより多くの方々が’社会的距離を置くことで困難を強いられている状況の中、ご心配をおかけして申し訳ありません」とした上で、「イ・ミンジョンが親しい知人の誕生日に招待され、会場である清潭洞(チョンダムドン)のブランチカフェに寄ってプレゼントを渡し、挨拶をして記念写真を撮った後、すぐその場を出ました」と公式の立場を明らかにした。

そして、「ニュース記事に書かれた『梨泰院でのパーティーに参加して時間を過ごした』という内容は誤報です」と訂正した。

MSteamエンターテインメントは「全国民が一丸となって社会的に距離を置くこと(ソーシャルディスタンス)を実践しており、イ・ミンジョンもドラマ撮影に励んでいます。1人の子どもの母親でもあるので、人の多いところやイベントへの出席も控えてきました」とし、「親しい知り合いの招待だったので、お祝いの言葉は伝えた方が良さそうだと思い、プレゼントを渡すためにしばし立ち寄りましたが、これもまた自粛すべきだったと思っています」と伝え、「今一度、今回のことについて謝罪の言葉をお伝えし、今後さらに行動に慎重を期したいと思います」とした。

今月18日には、先月25日夕方から26日未明にかけて、防弾少年団(BTS)のジョングク、ASTRO(アストロ)のチャ・ウヌ、NCTのジェヒョン、SEVENTEENのミンギュが梨泰院の飲食店やバーを訪れたことが知られ、世論の激しい非難を浴びていた。

これに続き、同じく梨泰院で女性芸能人が集まって誕生日パーティを開催していたとの報道があり、リアルタイム検索語には「梨泰院パーティ」がランクインした。
参加者として名前が報じられたタレントらは本日、相次いで謝罪のコメントを伝えたが、その中にイ・ミンジョンの名前もあがっていたため、所属事務所は誤報であるとの立場を伝えた形だ。
(※パーティは梨泰院ではなく、清潭洞で開催されたと後に報道あり)




ページ上部へ戻る