B1A4 サンドゥル、ラジオ「サンドゥルの星が輝く夜に」から降板、5月10日が最後の放送に

写真:MBCラジオ

「星が輝く夜に」の第26代目DJのサンドゥルが、MBC標準FM「サンドゥルの星が輝く夜に」を降板する。

B1A4(ビーワンエイフォー)のサンドゥルは、先月30日に放送された「サンドゥルの星が輝く夜に」でラジオ降板のニュースを伝えた。

サンドゥルは、「今日、僕に届いたありがたい縁を思い出しながら、少し残念なニュースを伝えることになりました。2年前の2018年7月から一緒にやってきた『サンドゥルの星が輝く夜に』と近々お別れすることになりました」と切り出した。

続いて「1年9ヶ月の間、毎日皆さんに会っていたので親しくなれたし、『サンドゥルの星が輝く夜に』の皆さんに多くのとを学んだため、この決定を下すのは簡単ではありませんでした」とし、「出会いがあれば別れもあるので、僕は音楽をさらに頑張って、またいい場所で会えると信じています」と語った。

そして、「今の寂しい気持ち、残念な気持ち、僕にしたい話は僕が最後の放送をする5月10日まで、毎日『サンドゥルの星が輝く夜に』を聴きに来てほしいです。残りの時間、サンドゥルの『星が輝く夜に』らしくやり遂げたいです」と伝えた。

サンドゥルは、温かい感性とヒーリングボイスでラジオDJとして頭角を現した。
昨年末の「MBC放送芸能大賞」ではラジオ優秀賞も受賞した。また、昨年3月には「サンドゥルの星が輝く夜に」50周年記念で8日間全国を巡回する「全国ツアー1320kmプロジェクト:星が輝く夜にロード最後まで行く」を成功裏に終え好評を得た。

「サンドゥルの星が輝く夜に」は午後10時5分から午前0時まで、MBC標準FMで放送されている。




ページ上部へ戻る