韓国俳優ムン・ジユンさんが急性敗血症で死去「恋はチーズイン・ザ・トラップ」「ロマンス」などに出演

「恋はチーズイン・ザ・トラップ」

写真:tvN

俳優のムン・ジユンさんの突然の訃報が伝えられ、哀悼の声が相次いでいる。

ムン・ジユンさん18日午後8時56分頃、急性敗血症で亡くなったことが明らかになった。

当初、のどの痛みがひどくなったことから病院に向かうも、症状が悪化し集中治療室に搬送された後、回復することなくこの世を去ったと報じられたことから、新型コロナウイルスに感染に感染したのではないかと指摘するネットユーザーも表れた。
これについて、所属事務所は「新型コロナウイルスの検査で異常がなかったため、入院できた」と否定、「病院に着いた時には症状がひどく悪化していて、複数の臓器に異常値が見られたため、集中治療室に移された」と当時の状況について説明した。

ムン・ジユンさんは、2002年に放送されたキム・ジェウォン&キム・ハヌル主演のMBCドラマ「ロマンス」で、キム・ジェウォン演じるチェ・グァヌの弟であるチェ・ジャンビ役を演じた。

その後も、KBS2ドラマ「善徳女王」でパン・ジヒョク役を演じて人気を博し、「二十歳」「別れに対処する私たちの姿勢」、「ビッグ~愛は奇跡<ミラクル>」「恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~」など様々な作品に出演した。

最近では、tvNドラマ「恋はチーズイン・ザ・トラップ」でサンチョル先輩役を演じ、味のある演技で人気を集めた。

演技活動以外にも芸術分野にも関心の高かったムン・ジユンさんは、個展を開くなど、美術活動にも情熱を注いでいた。

1984年生まれのムン・ジユンさんは、享年36歳という若さで天国に旅立った。




ページ上部へ戻る