ジュンス、ミュージカル「ドラキュラ」プレビュー初公演を大盛況に終える

写真:C-JeSエンターテインメント

歌手ジュンスがシャルロッテシアターを埋め尽くした観客のスタンディングオベーションの中、ミュージカル「ドラキュラ」のプレビュー初公演を終えた。

11日、「ドラキュラ」再演でより一層成熟した姿で舞台に立ったジュンスは、変わらぬその実力で舞台を掌握し、観客の視線を釘付けにした。

「ドラキュラ」はアイルランドの小説家ブラム・ストーカーの同名小説を脚色した作品で、千年もの歳月にわたって1人の女性だけを愛したドラキュラ伯爵の物語を描いている。

作曲家のフランク・ワイルドホーンは公演が終わった後、ジュンスの控え室を訪れ親指を立てた。
そして、「ジュンスの3番目の『ドラキュラ』公演だ。初演、再演も良かったが、今日の公演は本当に美しくて幻想的だった。テクニックは言うまでもなく、声と歌もさらに強くなり、何よりも彼のソウルフルな歌が僕の音楽を生き生きさせる。毎公演、彼の情熱的でパワフルな姿に感動する。彼の素晴らしい『ドラキュラ』をずっと見たい」と賞賛した。

「ドラキュラ」の4年ぶりの舞台復帰にプレビューチケットは販売開始と同時に完売を記録した。

2015年のジュンス

初公演を終えたジュンスは、
「再び『ドラキュラ』で舞台に立てただけでも本当に幸せです」とし、「公演をしながら観客はもちろん、俳優までもが幸せになる作品に出会うのは簡単ではありませんが、そんな作品を一緒にすることができて本当に感謝しています。4ヶ月間の長旅がスタートしたので、最後まで最善を尽くします」と感謝の気持ちとともに今後の意気込みを語った。

ジュンスは6月7日までシャルロッテシアターで上演されるミュージカル「ドラキュラ」で観客の前に立つ予定だ。




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません