BIGBANG T.O.P インスタライブで「韓国でカムバックはしない。愛を持って」心境告白…

T.O.Pのインスタライブ

写真:T.O.PのInstagram

BIGBANGのT.O.Pが、インスタライブで韓国で活動復帰(カムバック)しないと明言しながら、自身の心境を告白した。

7日、T.O.Pは自身のインスタグラムを通じてライブ配信を行った。

この中でT.O.Pは画面を言葉なく見つめた後、お酒を飲み、ファンのメッセージを読んだりしながら語り始めた。

T.O.Pはライブ放送をする理由について、「ただ一度姿をお見せしたかった。なぜなら僕がどう生きてるのか、皆が知らないようだから。お見せしたい気持ちで。ただそれだけ」とし、「ファンにいつも申し訳ない気持ちだ」と語った。

続いて、T.O.Pは「韓国では、カムバックしない。カムバック自体したくない」と韓国での活動復帰を望んでいない心境を率直に告白した。

しかしこの直後に「(今、酒席を一緒にしている)友人らが足で蹴る。こんな事言うとまた記事が出るから」とも明かし、発言の一つ一つがすぐに記事化され、さらにそれがイシューとなる現状を憂いた。

T.O.Pは「最近、何をしているのか」という質問に「最近は音楽を作っている」と言い、「本当にヒドイ。人々が。愛を持ちましょう」とピースサインを見せたりもした。

T.O.Pのインスタライブの様子と発言は、T.O.Pの予想通り韓国のマスコミが相次いで報じ、一部マスコミは「泥酔ライブ」と伝えたりもした。
またニュースのコメント欄もT.O.PのアンチコメントとT.O.Pを応援するコメントに意見が真っ二つに分かれている。

T.O.Pに対する韓国のアンチはかなりキツイ状況

BIGBANGは、除隊後初の公式ステージとして、4月10日と17日にアメリカ・カルフォルニア州インディオのサハラステージで開催される「Coachella Valley Music and Arts Festival」に出演することが発表されている。

2015年来日時のT.O.P(チェ・スンヒョン)




ページ上部へ戻る