コン・ヒョジン、オーストラリアの山火事に「私たちにできることはないか?」呼びかけ

写真:コン・ヒョジンのSNS

女優コン・ヒョジンがオーストラリアの山火事被害の深刻さを訴えながら残念な気持ちを伝え、ファンに呼びかけた。

コン・ヒョジンは8日、自身のインスタグラムに「私たちにできることはないのでしょうか?」というメッセージとともに2枚の写真を掲載した。

公開された写真は、オーストラリアの大規模な山火事の現場から救出され水を飲むコアラと焼け死んだカンガルーの写真で、見る者の胸を痛めた。

オーストラリアの山火事は約5ヶ月の間続いており、野生動物5億頭が犠牲になるなど、多くの被害を生んでいる。
この山火事の消火作業にあたっていた消防隊員を含む24人の死亡が報じられており、朝鮮半島の面積28%に相当する630万ヘクタールの森が消失した。

世界的災難となったオーストラリアの山火事に芸能人の呼びかけも続いている。

ネットユーザーらは、「動物たちに何の罪があるのか…一緒に寄付します」「こんなに深刻だなんて…」「コアラ絶滅の危機だと知り、心がとても痛いです」などの反応を見せた。

コン・ヒョジンは昨年、KBS2ドラマ「椿咲く頃(椿の花咲く頃)」にカン・ハヌルと主演し人気を集めた。




ページ上部へ戻る