キム・スヒョン、所属事務所を離れ個人事務所設立・・・?KEYEASTは否定

キム・スヒョン

写真:KEYEAST

俳優キム・スヒョンの個人事務所設立について、所属事務所のKEYEAST側は「再契約を論議中だ」との立場を伝えた。

11日、KEYEASTの関係者はキム・スヒョンにの独立報道について「個人事務所設立については聞いていない」と明らかにした。

同日、韓国メディアは「キム・スヒョンが従兄にあたるイ・サラン監督と個人事務所を設立するつもりだ」と報道した。
報道では、キム・スヒョンとKEYEASTは今月末で契約が終了し、個人事務所を構えることを決めたキム・スヒョンは再契約をしないことにしたとされた。
そして、キム・スヒョンは2007年のデビュー以来、12年間在籍したKEYEASTを去ることになったとし、個人活動を開始したと思われるキム・スヒョンは復帰作のテレビドラマ「サイコだけど大丈夫」から本格的な独り立ちすることになると伝えていた。

今年7月に除隊したキム・スヒョンは、復帰作として来年上半期に韓国で放送が予定されているtvNドラマ「サイコだけど大丈夫」に出演することが決まっている。




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません