SUPER JUNIOR ヒチョル、生放送中に故ソルリの愛猫?が登場し話題に

写真:YouTube放送画面キャプチャー

SUPER JUNIOR(スーパージュニア)のヒチョルが個人放送の生放送中に、画面に故ソルリが飼っていたと推定される猫が映り込み、話題を呼んでいる。

6日、ヒチョルは自身のYouTubeチャンネル「KimHeeChul」で、SUPER JUNIORデビュー14周年を祝う生放送を行った。

ファンとコミュニケーションを取りながら放送を続ける途中、ヒチョルの机の上に猫が上がってきた。猫がジャンプをしながら机に着地しカメラが揺れると、ヒチョルはすぐに猫を抱いて床に下ろした。

現在、ヒチョルはSBSの人気番組「みにくいうちの子」にレギュラー出演中で、番組内では何度も自宅が出てくるが、これまで番組に出てきたことのない見慣れない猫であったために関心を誘った。

ヒチョルのファンは、すぐに、個人放送に登場した猫は毛のない「スフィンクス」という品種ではないかと推測した。
また、先月亡くなったソルリのペット「ブリン」ではないかと、正体に関心を示した。

ヒチョルは「あ・・・秘密」とだけ短く答え、猫についてはそれ以上の言及はしなかった。

しかし、多くのネットユーザーはソルリと親友であったヒチョルがブリンを代わりに引き取ったのではないかと推測している。

ソルリの猫はSNSに何度も登場していた




ページ上部へ戻る