防弾少年団(BTS)、本日(8日)「Make It Right」のアコースティックリミックスを発表!

写真:BIG HITエンターテインメント

防弾少年団(BTS)が本日(8日)、「Make It Right」のアコースティックリミックス音源を発表する。

防弾少年団は8日午後6時、国内及び海外主要音源サイトで「Make It Right(feat.Lauv)(Acoustic Remix)」を公開する。
「Make It Right (feat. Lauv) (Acoustic Remix)」は、アメリカのシンガーソングライターであるLauvがフィーチャリングした「Make It Right (feat. Lauv)」をアコースティックバージョンに編曲した曲だ。

この曲は、電子楽器を最小化して作り上げた叙情的なギター旋律とアコースティックなサウンドが引き立つ。アコースティックギターとベース、鍵盤の合奏が曲のメロディーをリードし、甘美ながらも淡泊な雰囲気を与える。

特に、アコースティックギターのボディーを叩く音で始まり、いろいろな形のギター演奏を積み重ねながら作ったイントロが印象的だ。歌が展開されるほど、アコースティックなサウンドが曲を隙間なく満たし、耳を捕らえる。

「Make It Right」は、防弾少年団が今年4月に発売した「MAP OF THE SOUL:PERSONA」の収録曲だ。世界的なシンガーソングライターEd Sheeranが参加して話題を集めた歌だ。アルバムの公開直後、米ビルボードのメインシングルチャート「ホット100」で95位を記録した。

Lauvがフィーチャリングした「Make It Right(feat.Lauv)」も「ホット100」チャートで76位を占め、防弾少年団のグローバル音源パワーを立証した。

防弾少年団は、LauvとのコラボレーションとEDMリミックスバージョンの音源を発表し、全世界のファンに多彩な音楽を披露している。今回のアコースティックリミックスで、また一味違った魅力を披露し、「Make It Right」の世界的人気を引き継ぐ予定だ。




ページ上部へ戻る