防弾少年団(BTS)事務所、ジョングクの道路交通法違反認め被害者とファンに謝罪

写真:BIG HITエンターテインメント

防弾少年団(BTS)の所属事務所であるBIG HITエンターテインメントが、ジョングクの交通事故について公式の立場を明らかにした。

BIG HITエンターテインメントは4日、ジョングクの交通事故立件に関連して「ジョングクが自分の車を運転していたところ、本人の過ちにより他の車両と接触事故が発生した」と明らかにした。

続いて、「ジョングクは事故直後、本人が道路交通法に違反したことを認め、適法な手続きに基づいて現場処理や警察署の供述を進め、その後被害者と円満に合意を終えた」と伝えた。

そして、「被害者の方に今一度お詫び申し上げます」と謝罪し、「ファンの皆様にご心配をおかけした点についてもお詫び申し上げます」と謝罪した。

龍山(ヨンサン)警察署は、ジョングクが2日、ソウル市 龍山(ヨンサン)区 漢南洞(ハンナムドン)で自身のベンツを運転中にタクシーと接触する交通事故を起こし、道路交通法違反の疑いで捜査中であることを明らかにしていた。

この事故でジョングクとタクシー運転手は軽い打撲傷を負い、病院で治療を受けたという。

警察は飲酒運転の疑いはないとし、ジョングクを道路交通法違反の疑いで立件し、詳しい事故の経緯を調べている。

ニュースを受けファンは「飲酒運転じゃなくて良かった」「大きな怪我がなくて幸いだ」と、安堵のコメントを書き込んでいる。




ページ上部へ戻る