SUPER JUNIOR キュヒョン、ミュージカル次期作は来年1月公演の「笑う男」に!SG WAMMABEイ・ソクフン、EXOスホ、パク・ガンヒョンも出演

  • 2019/10/31
  • SUPER JUNIOR キュヒョン、ミュージカル次期作は来年1月公演の「笑う男」に!SG WAMMABEイ・ソクフン、EXOスホ、パク・ガンヒョンも出演 はコメントを受け付けていません

写真:EMKミュージカルカンパニー

SUPER JUNIOR(スーパージュニア)のメンバー キュヒョンがミュージカルに出演する。

30日、SUPER JUNIORの所属事務所であるLabel SJは、キュヒョンがミュージカル「笑う男」への出演を確定したと明らかにした。
キュヒョンは、タイトルロールである”消せない笑顔”を持ったまま、流浪劇団で興行師役をこなす青年グウィンプレンを演じる予定だ。

キュヒョンと共にSG WAMMABE(エスジーワナビー)のイ・ソクフン、EXO(エクソ)のスホ、パク・ガンヒョンも同作にキャスティングされている。

「笑う男」は、ヴィクトル・ユーゴーの同名小説を舞台化した創作ミュージカルで、5年間の製作期間と175億ウォン台の制作費ということで話題を集めた。
2018年、芸術の殿堂オペラ劇場とブルースクエア、インターパークホールで初演し、累積観客数24万人、客席シェア92%を記録した。

日本東邦株式会社とライセンス契約を締結した「笑う男」は、今年4月に東京日精劇場(1,300席)で初の海外公演を終えた。
最近、10月1日から3日間、東京青年館ホールで行われた韓国の実況上映会やコンサートも大盛況で終えた。

キュヒョンはこれまで「三銃士」「モーツァルト!」など様々なミュージカルに出演し、歌唱力とともに演技力も認められてきた。

今年5月に軍服務を終えた後、ソロ歌手、 SUPER JUNIORのメンバーとして活動を続けてきたキュヒョンが久しぶりに出演するミュージカルとあってファンの反応も熱い。

ミュージカル「笑う男」は2020年1月9日、芸術の殿堂オペラ劇場で開幕し、11月12日からチケット先行販売がスタートする。




関連記事

この記事も一緒にいかが?

コメントは利用できません。