韓国ミュージカル「笑う男」上映会&コンサート(パク・ガンヒョン、シン・ヨンスク、ヤン・ジュンモ)開催決定


ヴィクトル・ユーゴーの小説を原作に、2018年に話題となった韓国オリジナルミュージカル『笑う男』が、大スクリーンで上映される。

今回の映像は韓国のクラシック会場でも有名な“芸術の殿堂”が、カメラ16台で収録したクオリティー高いハイビジョン素材。まるで劇場でミュージカルを鑑賞しているような臨場感あふれる映像に注目だ。

また、10月2日(水)、10月3日(木)には、映像にも登場したパク・ガンヒョン、シン・ヨンスク、ヤン・ジュンモの3人が生の歌声で『笑う男』の世界観を披露する。

近年、韓国ミュージカルは、作品性はもちろん、そのエンターテイメント性と俳優のレベルの高さで、多くのファンを獲得し魅了している。
そんな韓国ミュージカル界を支える重鎮による最高峰の演技と歌声に、ぜひ酔いしれてみて。

出演者紹介

[バクガンヒョン] グウィンプレン役

2015年ミュージカル界デビュー。2016年にミュージカル『ベア ザ・ミュージカル』『イン・ザ・ハイツ』に出演し、『光化門恋歌』『キンキーブーツ』『笑う男』など話題の大型ミュージカル作品の主演を務め、爆発的な歌唱力と信頼性の高い演技力で第7回イェグリンミュージカルアワード男優新人賞を受賞。その後、話題作『エリザベート』『エクスカリバー』でも観客の絶賛を受け、“ライジングスター”として注目されている。

[シン・ヨンスク] ジョシアナ公爵役


1999年ミュージカル『「明成皇后』でデビュー。2010年に初演された『モーツァルト』でヴァルトシュテッテン男爵夫人役を演じ、圧倒的な歌唱力で観客に強い印象を残した。『マンマ・ミーア!』『レベッカ』『ファントム』など多様な作品に主演。2018年『笑う男』ではジョシアナ公爵役を務め、ファル・ファタールな魅力で表現力を高めた。

[ヤン・ジュンモ] ウルシュス役


『オペラ座の怪人』『レ・ミゼラブル』『スウィーニー・トッド』『ジキル&ハイド』『スカーレット・ピンパーネル』『ドラキュラ』などに出演し、男性ミュージカル俳優が演じたい役柄をすべて演じた、韓国ミュージカル界を支える重鎮。2015年と2017年『レ・ミゼラブル』日本初演30周年記念舞台で完璧な日本語でジャン・バルジャンを演じ、日本ミュージカルファンを感動させた。

韓国ミュージカル『笑う男』

日時:2019年10月1日(火)~10月3日(木)
会場:日本青年館ホール
(東京都新宿区霞ヶ丘町4-1)

[上映会]
10月1日(火)開場18:00 開演19:00
料金:4,500円(税込)
※当日には上映会のみとなり、出演者なし。

[上映会+コンサート]
10月2日(水)~10月3日(木)開場16:00 開演17:00
料金:13,000円(税込)
出演:パク・ガンヒョン、シン・ヨンスク、ヤン・ジュンモ
主催・制作:ぴあ株式会社(韓流ぴあ)、松竹ブロードキャスティング株式会社

協力:EMK ENTERTAINMENT CO., Ltd, EMK INTERNATIONAL CO., Ltd.

チケット販売スケジュール
韓流ぴあ最速先行(先着):08/24(土)11:00 ~09/01(日)23:59
※特別販売手数料免除、クレジットカード決済のみ

ぴあプリセール先着先行:09/04(水)11:00 ~09/08(日)23:59
一般発売 09/14(土)10:00~

※未就学児入場不可
※車イススペースあり
※カメラ撮影・録音・録画は一切禁止
※客席内での飲食禁止
※本人へのプレゼント直接渡し不可・プレゼントボックスあり。
問合せ:チケットぴあインフォメーション
0570-02-9111(10:00~18:00)
チケットぴあ予約【公式】>>




この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る