ジコ(ZICO)、独り立ち後初のアルバム「THINKING」で30日にカムバック!

写真:KOZエンターテインメント

プロデューサー兼歌手のジコが30日にアルバム「THINKING」でカムバックすることを確定した。

ジコの所属事務所であるKOZエンターテインメントは、「ジコが30日、アルバム『THINKING』でカムバックする」と明らかにした。

ジコの今回のアルバムは、デビュー8年目にしてリリースされる初の正規アルバムで、アルバム名「THINKING」にあるように、アーティスト「ジコ」の素直で淡泊な思いが込められている。
30日にPart.1のハーフアルバムを公開し、10月中にPart.2のアルバムを発表する予定だ。

今回のアルバムは独り立ちして発表する初のアルバムであり、2018年7月にIUとフィーチャリングしたデジタルシングル「SoulMate」以来、1年2ヵ月ぶりのリリース作となる。

ジコの1stアルバム「THINKING」では、ジコが総括プロデュースはもちろん、アルバム制作全般にわたって積極的に参加し、いつにも増して全力を尽くして準備したという。
長い間ジコの音楽を待ち続けてきたファンが存分に満足できる完成度の高いアルバムになるものと期待されている。

2011年、ボーイズグループBlock B(ブロックビー)のメンバーとしてデビューしたジコは、グループ活動とともにソロ歌手、プロデューサーとして縦横無尽に活躍し、音楽ファンに愛され続けている。

様々なコラボレーション活動をはじめ、「Tough Cookie」「Boys And Girls」「 I Am You, You Are Me」「Artist」などを通じて音楽的に成長を続け、K-POP界を代表するソロアーティストとして位置づけられている。

最近ではMnet「プロデュースX101」の「MOVE」をプロデュースし、改めて音楽的な力量を発揮、FANXY CHILDとしての活動も盛況裏に終えた。

ジコが30日にリリースする1stレギュラーアルバム「THINKING」Part.1にも大きな期待が集まっている。




ページ上部へ戻る