防弾少年団(BTS)、デビュー後初の長期休暇終え海外スケジュールのため出国

写真:BIG HITエンターテインメント

防弾少年団(BTS)がデビュー以来初の長期休暇を終え、再び活動を再開した。

防弾少年団の所属事務所であるBIG HITエンターテインメントは16日、「防弾少年団が長期休暇を終え16日午前、海外スケジュールのために出国した」と明らかにした。

メンバーの具体的な行き先は公開されなかったが、リアリティ撮影のため出国したと見られている。
空港で捉えられた一部メンバーは、セルフカメラを手にしていたという。

8月12日から甘い休暇を過ごしたメンバーは、約1ヶ月ぶりに公式のスケジュールを消化する。
休暇発表当時、所属事務所は「防弾少年団としてではなく、普通の20代の青年として時間を過ごす」とその休暇の意味を伝え、ファンにメンバーの休暇中のプライベートを尊重するようにお願いしていた。

休暇を終えた防弾少年団は、韓国・国内外を行き来する多忙なスケジュールが再び始まる。
来月11日(現地時間)には、サウジアラビアの首都リヤドにあるキング・ファハド国際スタジアムでスタジアムツアー「LOVE YOURSELF:SPEAK YOURSELF」の公演を開催する。

その後10月26日~27日、29日には蚕室(チャムシル)メインスタジアムにてスタジアムツアーの幕を閉じる予定だ。




ページ上部へ戻る