【取材レポ】Aprilナウンほか、名場面シーンに大熱狂!大人気 WEBドラマ『A-TEEN』のファンミーティング「A-TEEN FAN MEET-UP in Japan」昼公演レポート

累計再生回数2億回を記録するなど、WEBドラマのブームを巻き起こした青春学園ドラマ『A-TEEN』。
18歳から19歳の主人公たちが変化を迎えるストーリー。
学業、友情、恋愛を描き、特に大学修学能力試験(日本のセンター試験に相当)を控えて経験する葛藤と悩み、そしてその過程で生じる数多くの選択の瞬間をリアルに描いている。

7月28日(日)メルパルク東京にてドラマファンミーティング「A-TEEN FAN MEET-UP in Japan」が昼夜行われ、昼公演の会場も超満員で開演前から熱気に溢れていた。

ドラマに合わせて教室のようなセットのステージに、ドラマ出演者のうち、ヨ・ボラム役のキム・スヒョン、キム・ハナ役のナウン(April)、チェ・アヒョン役のカン・ミナ、チャ・キヒョン役のリュ・イヒョンの4人が登場すると、会場は割れんばかりの大歓声が沸いた。

MCに藤原倫己を迎え、自己紹介へ。
「はじめまして。私はキム・スヒョンです。よろしくお願いします。」
「本当にお久しぶりですね~、A-TEENでキム・ハナ役を演じたナウンです。」
「私はA-TEENでチェ・アヒョン役を演じたカン・ミナです。お会い出来て嬉しいです。」
「みなさんこんにちは、初めまして。チャ・キヒョン役を演じたリュ・イヒョンと申します。よろしくお願いします。」と全員日本語での自己紹介にファンは大喜び。

日本では初のドラマファンミーティングとなる心境を聞かれると、「日本のファンのみなさんにお会いできて本当に嬉しいです。今日は幸せな思い出を一緒に作りたいと思います。頑張ります!(ナウン)」「本当に嬉しい(ミナ)」「こんなに来ていただいてありがとうございます。楽しい思い出を作っていきたいと思います。(イヒョン)」と沢山のファンを前に喜びを語った。

藤原氏が担任役となり、まずは、「ホームルーム」の時間へ。

ドラマは8人の学生の日常を描いた青春ストーリー。今年6月でシーズン2が最終回を迎え、4月の撮影終了から現在までどのように過ごしていたか?と聞かれると、スヒョンは「シングルアルバムを出しました。沢山聴いてください。」ナウンは「私はAprilの活動を一生懸命やっていたのと、9月のドラマの準備をしていました。」ミナは「8月からドラマの撮影をする予定です。」そしてイヒョンは「映画を1本、ドラマを1本撮影しています。」とそれぞれ近況を報告。
ドラマに出演前と出演後のまわりの反響を聞かれると、全員が「みんなが気づいてくれるようになって嬉しい」「海外の人が気付いてくれた」など人気者となった心境を語った。

1限目はファンから寄せられた「悩み解決コーナーQ&A」
質問が書かれた付箋が沢山貼られたボードがステージに登場し、出演者が選び答えた。

スヒョンは「Q.韓国のおすすめの場所は?」という質問。「延南洞(ヨンナムドン)というところがあって、弘大(ホンデ)のそばで静かで素敵なカフェが沢山あるのでおすすめです。」

ナウンは「Q.ナウンさんはキム・ハナ役以外なら誰の役をやりたいですか?」という質問。「アヒョンちゃん役。本当に可愛い。私は小心者ですけど、アヒョンちゃんが堂々として羨ましい」

ミナは、「最近覚えた日本語は?」という質問。「挨拶を覚えてきました。最初に挨拶した言葉で“本当に嬉しい~”」

イヒョンは「Q.日本でやってみたいこと?」という質問に「マリオカート!」と答え、「Q.最近習った日本語は?」には「愛してる」という言葉に会場から悲鳴が沸いた。

未公開NG集のVTRのあとは2限目「音楽とダンスの時間」へ。
スヒョンは華麗なダンス、ナウンは透き通るような歌声を披露した。

ここで共演者からのビデオレターが公開。
ド・ハナ役のシン・イェウン、ハ・ミン役のキム・ドンヒ、ナム・シウ役のシン・スンホ、そしてリュ・ジュハ役のGolden Childの チェ・ボミンなどからのコメントに会場は大歓声が沸いた。

スヒョンのダンスについて、「セクシー、とても上手で一目ぼれしてしまうかと思いました。」とナウン。イヒョンも「すごい!」と絶賛。ナウンの歌についてミナは「とても素敵でA-TEENのOSTととても似合っていたと思います。」と2人を褒め称えた。

台本の読み合わせで初めて共演者に会ったときの印象を聞かれると、
スヒョン「私は意外と人見知りなので、最初はとても緊張したのですが、台本そのものがとても面白いものだったので、緊張もすぐにほぐれて楽しめた思い出があります」

ナウン「シーズン1の時ですが、スヒョン、イヒョンに初めて会って、リーディングの時からすごく情熱的で、すでにドラマを1本見たかのような気持ちになりました。」

ミナ「シーズン1は、視聴者としてドラマを楽しんでいました。合流した時は1人だけ初めてだったのでちょっと心配したのですが、周りの出演者の方が親切にしてくれたので楽しい撮影が出来ました。」

イヒョン「とてもテンションが高かったのですごく楽しかったです。」「ミナさんはシーズン2からでしたが、シーズン1から一緒だったようにみんなと楽しめました。」

ミナは年齢的には年上だが、後輩役だったため違和感は?と聞かれるとスヒョンは「特に違和感はなかったです。ミナさんはとても可愛らしくて小っちゃくて抱きしめたいイメージだったのでやりやすかったです。」と、すぐ意気投合していた様子がうかがえる。

2ページ目に続きます!




ページ:

1

2
ページ上部へ戻る