BIGBANGのT.O.P、除隊後の近況を公開しファンの大反響を集める

写真:T.O.PのInstagram

最近除隊したBIGBANG(ビッグバン)のT.O.Pが近況を公開した。

15日、T.O.Pは自身のインスタグラムに「Not for U、Just for my Eyes open」というコメントとともに1枚の写真を掲載した。
公開された写真の中のT.O.Pは、眼鏡をかけたまま強烈な眼差しでカメラを見つめている。パープルに染まった髪の毛が印象的だ。

今月6日まで社会服務要員として勤務したT.O.Pの近況に、ファンはたくさんのハートを送りながら応えた。

T.O.Pは、2017年2月に義務警察として軍服務を開始したが、2016年10月にソウル龍山(ヨンサン)区の自宅で大麻を吸引した容疑が明らかになった。以後、起訴されたT.O.Pは2017年7月に開かれた1審公判で懲役10ヶ月、執行猶予2年、追徴金1万2000ウォンを言い渡され、機動警察官身分を剥奪された。

その後、T.O.Pは2018年1月にソウル龍山区庁龍山工芸館に再配置され、社会服務要員として国防の義務を果たした。




ページ上部へ戻る